セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

関係ないことも関係あるんですよ。

少し前になりますが、量子コンピュータのお話を聞いてきました。

 

従来のコンピュータは、0か1しかない。

量子コンピュータには、0と1の間がある。

同時に、多くの状況を、一瞬で同時並行が可能な。

 

例えば、顔認識機能。

ビルの中に入ってくる人達を、モニタ画面が追っていくと・・

その方が、そのビルに出入りしたのは、今回で何回目で、

前回ここに来たのは、○年○月○日の○時頃でした、と表示されてしまうなど。

 

また、顔認識機能から、

この人は以前にこのような問題を起こした方です、とか、

本人も覚えてないようなことを、覚えている機能がテンコモリ。

人が質問する前に、答えを出してくれてしまう、

余計なお世話というか、便利というか。

 

でも、そういう時代に入ってきてるってことなんですよね。

 

細かいデータ、情報が、瞬時に表示されていく。

 

量子コンピュータが、人間よりも人間のことを詳しく知っている時代に、

じゃあ人間とは何なのか?

という問いに答えていく時代に入っている・・・

 

というお話だったんです。

 

 

そういえば、ちょこっと近場でも(浜松に行く時など)

頻繁に新幹線を使うわたしですが、

時刻表アプリひとつあれば、遅延状況も一発でわかりますし、

乗る電車の時刻だけじゃなく、降りる駅の駅構内の地図、

駅周辺の地図まで、全部、表示してくれます。

 

必要な情報が、とても便利に手に入れられる時代なので、

気軽にどこにでも行けてしまうし、

何よりも、自分で考えなくても大丈夫なケースが増えています(*_*)

 

もちろん、便利なものはどんどん利用させて頂いて、

その分、自分で考えなきゃいけないことのために、

大切な時間を有効に使えるありがたみもあります。 

 

一昔前を振り返ってみたら、考えられないほど便利になりました。

 

そんな時代だからこそ、

じゃあ、人間にしか出来ないことは何だろうか?って

やはり考えてしまいました。

 

f:id:vivayumiko:20160208002003j:plain

 

足モミの受講生さんに、施術を教えている時もそう。

特に、仕事として活用していきたい気持ちを持って受講される場合には、

「習ったことのない症例の方は対応出来ません」ではなく、

未知の状況に遭遇しても、

自分で予測を立てられるような考え方が出来るかどうかが

ものすごく大事になってきます。

 

そのためにも、とにかく場数をこなすことは本当に大事だし、

どれだけ応用を使わなければいけない時でも、基本がしっかりしていないと、

いつのまにか、自分の視野だけでマンネリしてしまい、

やがてブレていってしまいます。

 

じゃ、その基本はどんなふうに覚えられるの?っていうと、

講座の中だけの事じゃなくなってきます。

 

講座で習ったことを、自分の環境に置き換えて吸収していくためには、

日頃から、関係ないことでも、自分の身に置き換えながら、

周囲の人達と関われているかどうかで大きく変わってくると思うんです。

 

その部分をないがしろにしていたら、

一瞬で痛みを取る施術が出来るようになったとしても、それだけのことであり、

その施術を行う場を運営し続けていけるかどうかは、

別の課題として残ってしまいます。

 

先日、久しぶりにわたし、生徒さんに爆弾を落としてしまったんですよ。

 

いつまでインプットばっかり続けてるのー!!!

 

もっと学ばなきゃいけないと感じているのは、わかります。

でも、どんな学びが必要なのか?ってことを自分でわかっていないと、

言い方悪いですが、あっという間に、

生徒さんを欲しがっているスクールさんのエサにされてしまいますヨ。

 

この勉強に終わりはないので、

もっと上へ、もっと上へと探し続けていたら、

いつまでも上がありますから、いつまでも卒業出来ません。

 

でも、卒業出来ないからといって、

いつまでも仕事として出来ない、ということではなくて。

 

自分の出来る範囲は何かを知っていて、

お客様のご要望と、自分が提供出来ることの接点を見つける力。

 

これがないと、運営は厳しいと思います。

 

で、これは、どんな講習に行けば学べるのかというお話ではなく、

日頃の周囲との関わり方が問われてる部分でもあるんじゃないかな。

 

わたしは、わからないことはお客様にどんどん聞きます。

その中から、自分に出来ることを提案していきますし、

自分に足りない部分がどんな部分かも、お客様に聞いていくから見えてくる。

 

だから、わたしにも終わりはありません。

 

f:id:vivayumiko:20160208002028j:plain

 

それでも楽しく続けていられるのは、、

やはり、お客様との関わりがあるから、なんですよ。

 

お客様のカルテに記入している内容は、体調がどんなで、

どんな施術を行ったのか、どんなクリームレシピを使ったのか、

いつの何時にお越し頂いて、前回は何日だったとか、

量子コンピュータのような内容だけではありません。

 

わたしは、お客様とどんな会話をしたか?ってことも、書いてあります。

お客様が語ってくれたことも、大まかですが書いてあります。

その時に、わたしが感じたことも記入してあります。

 

今度、お会いする時は、旅行から帰った後だから

きっと時差ぼけの疲労に包まれているかもしれないな、、、とか、

 

飲み会が続くって言ってたから、次の施術は痛いだろうな、、、とか、

 

相手の立場になって、想像してみる。

 

次にお会いするときには、

どんな配慮が一番喜んでくれるかな?って考えていたら、

それが施術とは離れた部分のことであっても、自分に出来ることで、

役に立つことなら嬉しいわけです。

 

そしたら、無意味なものはひとつもなくて、

関係ないことも、関係あるんですよ。

 

自分の都合のためだけなら、力が出てきませんが、

大事な人の役に立つためなら、不思議と、壁が壁じゃなくなってゆき、

不思議な他力が働きかけてくれるかのような体験が伴います。

 

 

一人でも、求めてくださる方がいらっしゃるのなら、

勇気を持って、大切な一歩を踏み出してみないと。

そこから、新たに、次に何が必要なのか、道が示されていくと思います。

 

どんどん進化する時代に、、、

わたしもついていくのがやっとの部分がありますが、

大切なことの本質は変わらないと思っています。

でも今年は、少しだけ、大きな一歩があってもいいと思っています。

 

お互い、がんばりましょう☆