読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

あれから5年。

5年前の14時46分は。

ちょうど、施術にお越し頂いたお客様がお着替え中でした。

 

そろそろ施術開始しましょう~というその時に、

ゆらゆらと揺れ出して・・・(最初は眩暈かと思いました。)

そのうちにガタガタと揺れ出して・・・

 

そのときの愛知県は、震度は大きくなかったけれど、

けっこう長い時間揺れていたような。

 

テレビをつけて、その時はじめて事の重大さを知りました。

 

わたしは、10代後半の頃から東北に5年住んでいた事があり、

山形も仙台も、第二のふるさとのような場所。

 

何度も通った仙台空港が、海にのまれ、屋根しか見えなくなってるのを見た時、

本当に信じられなくて、夢かと思いました。

 

お世話になった方が沢山いらっしゃいます。

すぐには電話も通じない。けれど・・

 

大急ぎで、食料を買い出しに出かけ、

一番親しかった友人に、すぐに食べれるようなものや、

すぐに作れるようなものの材料(シチューセットなど)を

箱いっぱいにつめて送りました。

 

無事に届くかどうかもわからなかったけど、とにかく無事を祈って。

 

ガレキの山と化してしまった環境の中で、

友人は3階に非難してたそうで無事だったものの、

食料が手に入らなくなったタイミングで、こちらからの食材が届いたそうで、

みんなで箱を開けて、拍手して喜んだということをあとから聞きました。

 

そして義援金も。

振込に行った時、振込しながら思ったことは。

 

人助けにはお金が必要なんだ。

こういう時こそ、もっと払えるようになろう。

とにかくいっぱい働こう。

 

そう思ったんです。

 

それまでは、のんびりペースでサロン運営していたのに、

5年前のあの日に、しっかり働こうって決意した時、

その翌週に、ビセキEXクリームと10年ぶりの再会をしたのでした。

その時の記事はこちらです。

その後、アミティさんとのお取引が始まり、あれまあれまと今に至ります。

 

 

ニュースを見ていると、まだまだ復興が進んでいないところも多く。。

 

すべてが最善に導かれますように、お祈りさせて頂きます。

 

f:id:vivayumiko:20160311201457j:plain