読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

足の刺激。日頃から心がけておきたいです。

足の反射療法

熊本の状況を見るたびに、心が落ち着かなくなりますが、

わたしはわたしで、出来ることを続けていくのみです。

 

お世話になってる方が、

直接、熊本まで運転して支援物資を届けに行く予定を立ててくださいました。

来週の出発を予定しているそうなので、

わたしもその方の出発に間に合うよう、支援物資を手配させて頂きました。

 

時間を追うごとに、段階的に必要なことも変わってきますし、

予定通りに行かないこともあるかもしれませんが、

個人の規模ではどうにも出来ないことも、

こうして動いてくださる方のおかげで応援を届けられるので、

本当にありがたいと思いました。

 

これ以上、被害が大きくならないことを祈りつつ、、、

エコノミークラス症候群で亡くなられた方のニュースも入ってきましたね。。

これは本当に残念なことです。

この症状の怖いところは、日頃元気な方でも命を落とす危険があるということ。

 

エコノミークラス症候群とは、、、

狭いところで同じ姿勢で居続けることによって関節の動きが制限されてしまい、

血流が滞ってしまうことで起きる症状です。

 

血液が固まる性質は、怪我をした時に誰もが経験されてますよね。

切り傷で出血しても、そのうち自然に回復するのは、この作用があるからです。

 

でも、この作用が、血液の通り道でもある血管内で起きてしまったら。

固まった血(血栓)が、血液の流れに乗って、肺まで運ばれてしまいます。

足の静脈に出来た血栓が肺動脈を詰まらせてしまった場合に、

エコノミークラス症候群といわれています。

 

太い血管が詰まると、その先に何も届かず、壊死して働かなくなってしまう。

 

どんな環境にあっても、こまめな水分補給や体を動かすことは、

本当に大事なことなんです。

 

でも災害時は、そうもいかない。

水分が不足していることや、

トイレ事情に困ってることも多いでしょうし、、、

狭いところで寝泊まりを余儀なくされてたら、

血栓が出来やすい条件が揃ってしまうのでしょう、、、

 

余震が続いてる中では、自律神経にも相当な負担がかかってるでしょうし、

想像しただけでも、言葉になりません。

 

せめて、、、足裏や、ふくらはぎの刺激を!

 

心臓に血液を送り返す時に重要なポンプとなってくれる筋肉は、足にあります。

 

 f:id:vivayumiko:20160419205320j:plain

 

いえ、こんな時だけではなく、

日頃から心がけておきたいことです。

 

エネルギー代謝を頑張ってくれてる肝臓さんや、

老廃物をお掃除してくれる腎臓さんも、

血流の源となってくれる心臓さんも、

栄養を吸収してくれる胃腸さんも、

すべて、足に反射区が揃っています。

 

少しでも早く平穏な日々を取り戻せますように。。。

 

 

f:id:vivayumiko:20160419204859j:plain

 

先日の浜石岳(標高707m)。

富士山に、ご挨拶してきましたヨ!

 

f:id:vivayumiko:20160419204927j:plain

 

周囲には、自粛モードが漂ってるところもあるのですが、

わたしは自粛しません。

いつも通りに、いつも以上に、働きます。