読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

STR(素質適応理論)名古屋での入門講座、とても楽しかったです。

ほっと一息

そういえば、随分前になってしまいましたが。

 

4月2日の夜に行われた、STR(素質適応理論)の名古屋での入門講座は、

たくさんの方々にお越し頂いてて、大盛況でした!

 

f:id:vivayumiko:20160425131221j:plain

 

STR(素質適応理論)とは、

誕生日から割り出していくのですが、

みんながそれぞれ持っている素質を、大きく分けると、

○△□の3つのタイプにわかれます。

 

その素質が、その人のすべてを決めてしまうものではありません。

 

生まれ持ってきたいくつかの要素を「素質」だとするなら、

その後、育ってきた環境や影響によって形成された部分を「個性」だとするなら、

STRで学ぶ部分は「素質」の部分です。

 

だから、自分の持ってる素質の中のすべてを使い切らないうちに

一生を終えてしまうこともめずらしくないと思います。

 

でも、せっかくならその素質のスイッチを入れるような選択と行動をした時、

びっくりするほど現実が大きく動き出すこともあります。

 

以前、東京で受講した時、

当時の講師のY先生から、このように言われたことがありました。

「ゆみこさんは、講師業も向いてるよ。」

 

へっ?

 

わたしは、大勢の人前で話すことはあまり得意じゃありません。

1対1で話す時でさえ相手の波動を全開で受け取ってしまうのに、

これが大勢になると、とてもじゃないけど身が持ちませんって。

 

ところが、素質を見ていくと、あったんです、そういう素質。

 

へぇ~~~~。

 

納得出来る出来ない別として、

自分の持ってるものが何なのかを知るのは、とても面白い学びでした。

 

そして振り返ってみると、

自分の小さな頃には、その素質を使っていたことを思い出しました。

 

近所の子達を集めて、指揮を取ってたこともあったし、

「わからないので教えて」って言われたら、

わかるまで教えてあげていたし、

どう伝えたら、わかりやすいのかな?って、いつも考えてたんです。

 でも、当時の自分の本業(小学生)とは、そういうのは全く関係のないこと。

 

父の期待は、それはそれは大きかったから、

「やることやらないうちは遊びに行ってはならない。」と育てられましたから、

そのうち、近所の子達と遊ぶことも少なくなっていって、

そのうち忘れてしまってました、そういうことがあったことも。

 

もうひとつ、わたしが持っている素質は、医療関係や語学関係でした。

これも、そういえばと思い当たることがあります。

 

小さい頃の愛読書は人体図鑑でした。

人体解剖図とか大好きでしたし、筋肉の筋ひとつひとつを見ていると、

ものすごく楽しかった記憶があります。

中学生になってからは、科学雑誌ニュートンが愛読書になってしまったので、

そのうち今の仕事に入るまでは解剖図を見ることはなくなってしまいました。

 

STR(素質適応理論)での学びが深まっていくごとに、

そういえばそういえばって思い当たることも増えていき、

小さい頃の忘れていた記憶を思い出すことも増えました。

 

そして、ありがたいことに、

小さい頃のことを思い出しているうちに、

両親の自分への愛情が、どれほど大きいものだったのかも実感しました。

 

あの時の母は、こんな気持ちだったんじゃないのかな?

あの時の父は、決してわたしをいじめたわけではなくて。。。等々。

 

両親の素質も含めながら、小さい頃を思い出すので、

当時は理解できなかったことも、

今なら受け入れられるようなことが増えたんです。

努力して受け入れたとかではなく、ごくごく自然に。。。

 

 

講座は、入門→基礎→応用→上級と続きますが、

わたしはまだ応用で止まったままです。

でも、同じ講座を再受講しても、毎回新しい発見があります。

 

今回、名古屋での入門受講も、

わたしは何度目かの再受講でしたが、初めて参加した時のように、

ものすごく楽しめる内容でした!

 

タイプ別にテーブルに集まって着席しますので、

わたしは△のテーブルに居たんですけれど。

講師の志和先生の言葉に、救われることも沢山あり。

 

「△の人が変なことを言ってる時は順調です。

まともなことを言い出したら、心配したほうがいいですよ。」

 

会場は、大爆笑。

△テーブルに座っていたわたしたちは、大きく癒されていたのでした。

 

△の発想は、宇宙的なワープをするから、変でも仕方ないそうです。

その発想で、一体どうやって利益出していくのか?って問われてもねぇ。

それを考えるのは△よりも、□の出番。

 

安定した利益を必要とするなら、□タイプに。

人脈やご縁をたくさん持つなら、○タイプに。

イノベーションを起こすなら、△タイプに。

 

社長がいつまでも現場に居るべきではないという考え方もありますが、

現場で社長が一番働くことで社員全員が輝く会社もあります。

これもやっぱり、社長の素質による影響って大きいと思うし、

持ってる素質をどう生かすかってことも大事な気がしました。

 

わたしは現場向きの人間です。

施術ルームがおかげさまでどんどん盛り上がっていくに従って、

ご予約をお断りすることも増えてきてる現在、

 

早く弟子を作りなさいとか、

自動操縦出来るような仕組みを作りなさいとか、周囲から言われるのですが、

アドバイスはありがたく受け止めさせて頂きながら、、

自分の持ってる素質や、お客様ひとりひとりが持ってる素質を、

無駄にしないような形を選びたいと思っています。

 

f:id:vivayumiko:20160425131251j:plain

 

次回、名古屋でのSTR入門講座は、

7月30日土曜日の夜を予定してるそうです。

わたしも参加予定です。興味ある方はこの日あけておいてくださいね。

詳細が決まり次第、ご連絡&ご紹介させて頂きます。再受講も歓迎です。

 

今からとっても楽しみです。

志和先生、どうぞよろしくお願いします♪