読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

今後のことを考えながら・・♪

先日、友人とお話していた時のこと。

 

組織の中で、バリバリとキャリアを積んできた友人は、

先日めでたく独立をして、今、とても一生懸命に頑張っています。

 

組織の一員として頑張ってた時にはわからなかったことが、

経営の立場になると出てくる。

経営者という立場になって、スタッフを採用する責任者となると、

好きなことでもやっちゃいけないことが出てくるし、

対応出来ることでも、あえて対応しない選択が必要なことも出てくる。

 

経営者が見えないところで、どれだけ頑張ってるかなんて、

スタッフさん達の理解出来るところではありませんから、

理解させようなんて思っちゃいけないし、

お給料を出すだけでは不十分で、

士気をあげていく配慮がないと、良い結果に繋がっていかない。

 

これ、本当に、

最初は葛藤というか、

わたしもよくわかるんですが、

好きなことばかり追い続けることが出来るのは、雇われてる間だけ。

 

責任者には責任者の仕事があるので、

わたしも、純粋に施術だけに集中していれば良い状態の頃と比べたら、

施術に注げるエネルギーは100%ではありません。

施術だけが施術ルームの運営じゃないからです。

 

以前は、アシスタントさんをひとりお願いしていた事がありましたが、

わたしの器の小ささもあり、

結局は、辞めていただくことになった経緯があります。

 

このときの経験から、わたしは、

仕事が出来る人、出来ない人、という見方を一切やめて、

誰と一緒に過ごしていきたいか?を大切に考えるようになりました。

 

強い人が生き残る時代ではなく、

必要な時に、必要な変化が出来る人が生き残る今の時代に、

一緒に過ごしていきたい人は、やはり条件やスキルだけでは決められません。

 

ちょっとゴールが遠くなろうと、

扱う商品が変化することになろうと、

どんな時代になろうと、

ともに楽しんでいける心を持っている人がいい。

 

その心を育てていけるかどうかは、代表の力量にかかってる。

 

ここ1~2年、「そろそろスタッフを入れたら?」と、

周囲の経営者さんたちからもよく言われます。

 

友人との語らいは、今後のことを考えるきっかけになった時間でした(^-^)

 

f:id:vivayumiko:20160517121024j:plain

 

そうそう、気が早いかもしれませんが、

ひとつだけ決めていることがあります。

 

スタッフを採用するなら、

スタッフ研修の項目には「夏の富士登山」を必ず入れていくということ。

この研修は、ユミコサロン富士山チームの監督にもサポートをお願いする。

 

友人には笑われましたが、わたしは本気で思ってるんですけどね。

山登りには体力だけじゃない、知恵も使うし、

疲れない歩き方、疲れない体の使い方なども自分で見つけてゆく訓練にもなる。

 

そんなことを思いながら・・・

 

20年前にお世話になった組織の採用に関わった時のことを思い出してました。

あのとき、最後の最後、ひとりだけ選ばなきゃいけなくなった時、

新卒の中から選んだのは、バレーボール部だったかどうかが

基準だったんです。

 

理由は・・全国支部が集結し、

バレーボール大会を行うことになっていたから、

わたしたちの支部は、優勝をねらっていたので、

ひとりでも多くの戦力が欲しかったからです。バレーボールの(笑)

 

このとき採用された彼女は、

バレーボール大会をきっかけに全支部に名を知られることとなり、

それが自信になったのかわかりませんが、

仕事で結果を出せるようになるのも、とても早かったのです。

 

人生、何があるかわからないものです(笑)

 

f:id:vivayumiko:20160517123932j:plain