読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

自分で自分の足もみを続けていくために。

施術ルームより

先日の足もみプチレッスンの中で。

 

f:id:vivayumiko:20160628223714j:plain

 

自分で自分の足をケア出来るように、

それが面倒くさいものにならないように、

いくつかのことをお伝えさせて頂きました。

 

よく頂く質問の中では、

「自分で自分のマッサージをしたら、手が疲れちゃう。」というもの。

 

実は、手をあてていても、手そのものの力は、

自分に行う時も、誰かに行う時も、あまり使いません。

手だけを使うと、それこそ疲れてしまう&長続きしないので・・、

 

自分の足をマッサージするとき、

どのように座ると、足もみしやすい姿勢を保てるのか、

どのような姿勢を保つと、手が疲れずに済むのか、

どのように足もみしていくと、背中まで響かせていくことが出来るのか、

 

このあたりが準備できていないと、面白くないんです。

 

 

足もみ本などには、

ココは心臓、

ココは肝臓、

といった具合に、様々な反射区の知識はいっぱい書かれていますが、

 

こちらで行うレッスンは、

読めばわかること(知識)は、全部後回しです。

 

それよりも、先述した準備が整った状態で取り組むと、

読めばわかることは、読んだ時の理解度が体感を伴って深まるので、

忘れない知識に変わってゆきます。

 

わからないことは後で調べていけば良いこと。

でも、なんかここがおかしいな?って気付ける足もみが出来るように、

 

そのためにも、

自分で自分の足もみすることが出来る手の扱い方と、

その手を痛めないように使える体の扱い方、

 

を、最優先してお伝えしています。

 

実際に、目の前でわたしも実演しながら、

レッスン受けてくださる方々の体感も、ひとつひとつ確認しながら、

進めてゆきました。

 

 

レッスン受けてくださった方の一人が、ぼそっと一言、

「えっ。自分で触っているだけなのに足が変わってきたよ。」

 

 

そうですヨ。

自分で自分の足もみが出来るようになるためのレッスンですから~(笑)

 

引き続き、レッスンを進めていくうちに・・

 

「足しか触ってないのに、背中までポカポカになってきました!」

 

良かった!(^^)

 

背中まで響かせる足もみ。

これが自分でも出来るようになると、どんどん面白くなってくるんです。

 

ほんの1時間くらいの内容でしたが、

足もみに取り組む前と、取りくんだ後の、

体の柔らかさの違いにみなさんビックリ!

 

とくに股関節の可動域の広がり方が、全然違うでしょう。

股関節にはひとつも触れてないのに、です。

 

足から全部繋がっているんです。

 

毎日続けていると、どんどん柔らかくなっていきます。

 

 

20年足もみを続けてきて、思いますが、

3日も施術しない日が続くと、

手の扱い方がヘタクソになるのが自分でもわかります。 

感度が鈍るというか。

どんなに丁寧にやっても、何かが違うのです。

 

そのため、連休を頂く時は、

仕事に戻る前に、きちんとわたしもわたしを整えるようにしています。

 

それほど、継続って大事なんです。

 

そのためにも、

継続しやすい体の使い方を先にお伝えしています。

 

f:id:vivayumiko:20160628223702j:plain

 

プチレッスンのあとは、みんなで持ち寄ったゴハンを食べました。

足もみのあとは、胃が良く動きますので、

美味しく吸収できるんですよね。

 

ユミコサロンご飯会の足もみプチレッスン。

遅くまで、みなさまありがとうございました(^^)/

 

これはどんどんシリーズ化して、

グループレッスンも継続を是非・・との声を頂いております(^^ゞ

 

スケジュールとにらめっこ。

 

ちょっとだけ待ってね。