読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

4日続けて2日休むくらいのペースで。

自分の体は自分で守る

ある日のユミコサロンご飯会の時に。

わたしは、稲荷寿司をパクパクと食べていました。

 

それを見ていたMさんが言いました。

「あれっ。ゆみこさん、糖質制限していたんじゃなかったっけ?」

 

わたしは答えました。

「うん、そういう日もあるけど、ごはんをいっぱい食べる時もあるんだよ。」

 

こんなふうに答えるから、

適当って思われてるかもしれません。。(^_^;

 

なので、ちゃんと書いておこうと思います。

 

ふだんのわたしの生活では、

炭水化物はどちらかというと控えめです。

 

大事な施術の前にも、食事の全体量は控えめです。

そのほうが良い仕事が出来るからです。

 

が、山登りの直後や翌日は、

けっこう食べるんです、特に、おにぎりとか稲荷寿司とか多いかな。

 

真面目に自主トレを続けている間も、炭水化物は必須で、

そのほうが筋肉が育つし、体全体もギュって引き締まっていくんです。

 

でも、運動していない時や、

肩や腰が疲れている時は、炭水化物を抜いています。

そのほうがコリの解消スピードが早いからです。

 

その都度、自分に合わせて、調整しているということです。

同じ食べ方を、同じように続けないことが大切だと思っています。

 

その都度、体の状態に合わせて・・・って言うと、

「難しい」って言われることがあるんです(^_^;

 

ここにいらっしゃるお客様は、40代~60代の方が多く、

ホルモンバランスの乱れから筋力低下を気にして、

筋トレなど始める方も多いんですが、

 

筋トレ、すごくいいと思います。

でも、よく考えてみてほしい。

 

筋トレは、いったん筋肉を破壊させていく行為です。

実際に筋肉が育つのは、筋トレ後の栄養摂取と休息の時なんです。

 

何も変えずに、筋トレ量だけを増やしたら

調子を崩してしまいませんか?

 

f:id:vivayumiko:20160705002348j:plain

 

わたしは、食後に体内で血糖値が変化する感覚が苦手なので、

糖質を制限しているほうが、体そのものは動きやすいと感じています。

 

運動出来る自律神経状態じゃない時期を長く過ごした経験があるので、

体に無理のない食べ方は、体力を維持するためにも大切なことでした。

 

でも、運動出来る状態が整ったら、

今度は、運動によって消費したものを補う食べ方がやっぱり必要。

 

糖質制限をした状態で、

筋トレだけを続けてるだけでは、筋肉は育たないし、

どんなにタンパク質を摂ったとしても、筋肉は満足しない。

また何かを食べたくなってしまうんじゃないかな。

これを気合いで我慢してたりすると、自律神経も不安定になっていく。

 

 

インシュリンが分泌される時、

体内では血糖値を下げる働きがありますが、

実は、このインシュリンにこそ、アミノ酸の吸収をスムーズにして、

タンパク質の合成に必要なものの生産を促進する働きがあると言われています。

 

つまり、より大きく筋肉を育てていくためにも、

運動後のおにぎりなんて、最高だったりします・・♪

 

だから、消化活動が辛くない量で日々ゴハンを食べれるように、

それなりの運動量を日々保つこと、

本当はこれがわたしの理想でもあります。

 

でも、実際には、施術ルームに閉じこもりっきりで、

一歩も外に出ない日もざらにあります。

そういう時は、食事量も減っています。

 

そう考えたら、ちょっと不規則な生活をしているかもしれません。

 

その中で出来るバランスの取り方を、

自分なりに工夫しながら、過ごしています。

 

筋肉が育つためには、栄養も大切ですし、休息も大切。

 

筋トレだけを続けても、筋肉は育ちません。

合間に適した栄養と休息があるからこそ、筋肉が育ってゆきます。

 

f:id:vivayumiko:20160629005933j:plain

 

実際に、先日わたしは、糖質を制限した状態で、

富士山を歩いてしまったことがありました。

その時は、いつもの登山と違って、

歩くのも2時間くらいだったし、標高差の少ないコースを決めて歩いたので、

まぁまぁ大丈夫だろう・・なんて思っていたんです。

 

もちろん歩いてる間は、問題ありませんでした。

むしろ、糖質制限のおかげで、体も動きやすかったくらいです。

 

ただ・・・帰宅後の筋肉の回復が、異常に遅かったのです。

筋肉痛はありませんでしたが、使った筋肉がとにかく硬くなってしまって。

たった2時間しか歩いていないのに?

信じられませんでした。

 

あぁ、これはこのまま放置していると、

足が攣りやすくなってしまうなぁと思ったので、

その夜は、すぐに炊飯し、ゴハンを食べてマッサージもしました。

すると、翌日には何事もなかったかのように、

いつもの体の状態に戻っていました。

 

ただ、若干、筋肉量が減ってしまったような体感がありました。

 

糖質制限には沢山のメリットがありますが、

筋トレなどで体を育てていくのなら、

糖質を効率よく摂っていくことも大事なこと。

 

でも、そのバランスや量はきっと、

それぞれ自分にしかわからないこと。

 

筋トレ量を増やすなら、

糖質制限をしていると筋肉が減ってしまうんじゃないかしら。

 

こんな感じで、不規則なりに良いリズムになっていて、

おかげさまで、今は以前よりも長時間歩行が可能になっているのと、

体力が不足した時に、それを補える歩き方が出来るようにもなりました。 

 

今でこそ、毎月なにかと富士山に行けてるものの、

体力がなかった頃の自分と、体力を維持出来る今の自分では、

食事の取り方も、少しずつ変わってきています。

 

雨が降ったら傘をさす、

暑くなったら薄着になる、

それと同じような感じの、無理のない変化です。

 

たぶん山登りしなくなったら、

糖質量も自然と減らしてしまう方向にいくと思います。

 

f:id:vivayumiko:20160629005033j:plain

 

それからね・・♪

ビセキも・・♪

筋肉を育てたくてビセキでお手入れを続けている方には、

ちょっとしたコツをお伝えしています。

 

「ドンドン塗る」を4日間くらい続けて、2日くらい休む。

休んだら、また始めていきます、

「ドンドン塗る」を4日間くらい続けて、2日くらい休む。

こんな感じの継続を4ヶ月くらい続けてみてください。

 

毎日ぶっ続けで使い続けるよりも、

このほうが、引き締まり具合もいいし、体力も上がりやすいです。

お試しください(^-^)

 

ビセキのクリームは、いろんな使い方がありますが、

この継続法は、わたしも実感して自信を持ってお伝え出来る使い方です。

それだけこのクリームを使った時の筋肉状態は、

けっこうな運動状態になるんだと思います。

 

運動後の休息の時に筋肉が育つのと同じように、

 

ビセキも、使う時にいっぱい使っておくことで、

その合間の「使わない時期」に、筋肉が回復していくんです。

 

この継続を4ヶ月くらい、まずは実践してみてほしい。

 

血流が整うので食事が美味しく感じてしまいますが、ご心配なく。

意識するのはカロリーではなくバランスのほうです。

美味しく食べてくださいね。

 

いつまでも若々しく自分で動ける体を維持していきたいので、

これからも効率の良い使い方を研究していきますね♪