セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

αリノレン酸を少しずつ取り入れています。

見た目は普通の目玉焼きなのですが・・・♪

 

油を使わずに調理したかったので、

お湯の中にポトっと落としただけのポーチドエッグなのですが・・・♪

 

使用したお湯は、

フタを開けて、15分間沸騰させ続けたお湯を使用しています・・・♪

 

f:id:vivayumiko:20160705150935j:plain

 

目玉焼きの上にかけているのは、味ぽん。

 

f:id:vivayumiko:20160705150942j:plain

 

それから、亜麻仁油を混ぜています。

これ混ぜるだけで、わたしにはとっても気分も体調もいいので、

気が向いた時に、ずっと続いている習慣のひとつです。

 

f:id:vivayumiko:20160705151002j:plain

 

亜麻仁油は、エゴマ油ほどじゃありませんが、

αリノレン酸が豊富に含まれている油です。

 

3年前、自律神経の勉強会で大阪にせっせと通っていた頃、

食事に関することも相当教えて頂いているのですが、

その時にも、αリノレン酸についての学びがありました。

 

αリノレン酸は、脂質の主な構成成分である脂肪酸のひとつで、

体内では合成することの出来ない必須脂肪酸です。

 

摂っていくことで、体内ではDHAやEPAに変換されるので、

血流改善や動脈硬化の予防にも効果的と言われています。

 

不足していくと、

うつ症状や集中力低下を招いてしまうこともあると言われています。

 

実際にわたしも、αリノレン酸を習慣にしていて感じていることは、

脳が無駄に疲れなくなったというか、

(かといってスッキリ覚醒!というわけでもなく、いたって靜かです。)

余計な間食はピタリと止まってしまいました。

小腹が空いても、気分がワサワサしないのです。靜かなのです。

 

納豆を食べる時にお醤油と一緒に数滴使ったり、

コーヒーを飲む時にちょっと垂らしたり・・など、

さりげなく日常で取り入れています。

 

油といっても、いろいろありますものね。

ちょうど、花粉時期だったこともあり、

リノール酸過剰のことも気になっていたんですよ。

登山するようになってから、お肉の量は確実に増えているし。

(リノール酸:揚げ物、肉類、とうもろこし、大豆類などに含まれます。)

 

 

それに、ここ数年、

花粉時期のアレルギー症状はあまり出なくなってましたが、

黄砂なのかPMなのか何なのかわかりませんが、

いつだったか、すごく目が痒かった時があったんです。

 

その時、ふとαリノレン酸のことを思い出して・・・

 

そういえば、アレルギー抑制効果もあるって言われてたよなぁと思い出し・・

 

ちょっと大冒険でしたが、

その時は、亜麻仁油ではなくエゴマ油を冷蔵庫から取り出し、

顔全体に塗布してみたんです。

 

ほんと痒かったんですよね。

どうせ痒くて顔がボロっとするのなら、もうイチかバチかの大冒険でした。

(良い子は真似しないでください・・・・)

 

すると、ビックリ。

 

痒かった目が、す~~~~~っとラクになってしまったんです。

 

それと同時に気付いたのは、

「わたし、疲れていたんだな。」ということ。

「ずっと神経を使っていたんだな。」ということ。

 

顔に塗布した時から、脳内まで浸透してしまったのかと感じたくらい、

全身がリラックスしてしまったのを今でも鮮明に覚えています。

 

痒みが止まるための何かが入ってるとかではなく、

体のバランスを整える作用が大きく働いてくれたんだと思います。

 

痒みが発生する時は、

痒くならなきゃいけない理由が体に発生している時。

バランスが整ったら、

結果として、痒くなきゃいけない必要がなくなってしまって、

ラクになったのだと感じています。

 

それ以来、時々、顔に塗布してみるものの、

このとき味わった体験は、このときだけのものでした。

それ以来、我慢できなくなるほどの痒みには襲われていないので。

 

油は、相性があるので、

合わないものを無理に使い続ける必要はまったくないと思いますが、

わたしには、取り入れやすい良いものになってます、亜麻仁油。

 

脳が静かになる感覚が心地いいです。

集中力が長く続くようになりました。

 

とはいっても、摂りすぎは注意です(^-^)

酸化しやすいので、使い切る前に期限切れになっちゃいますが、

使い切れない量で売られていますので、余ったら捨てるしかなく。

 

サプリなどもあるようですが、サプリのことはわかりません。

食事に関することは、食事という形で取り入れていきたいです。