読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

富士宮ルートから一年ぶりの剣ヶ峰。

富士山に行ってきました。

富士宮口5合目から登り始めました。

 

たくさんの登山者さんがいらっしゃいましたが、

まだ富士宮ルートは開いていないので、山小屋も休みの所が多く。

 

日帰りで登頂を目指すのは初めてのことだったので、装備以外にも、

食料や水分、トイレなど、念入りに準備して。

5合目で、十分に体を高度順応させてから、いざ出発しました。

 

雲の上でのホットコーヒーもお忘れなく・・・♪

(とっても美味しかった!やはり山では温かいものが美味しい!)

 

f:id:vivayumiko:20160708213111j:plain

 

実はこの日、ひとつだけ不安を抱えていました。

日帰りで登頂めざすのは初めてでした。

日帰りスピードで、1000以上の標高差に耐えられるか心配で、

高山病のことが気にかかっていたんです。

 

出来るだけ高山病にならないように歩き方の訓練を続けてましたが、

売店でつい目にしてしまった高山病予防サプリ。

ふだんのわたしだったら飲まないんですけどね。。。

思わず飲んでしまったんですよ(*_*)

 

これが失敗だったかな。

 

f:id:vivayumiko:20160709003248j:plain

 

心拍数が。

自分の心地良い状態とは違う感じになってしまい。

眠くて、怠くて、力が出なくなってしまいました。

 

今年は毎月のように富士山に出かけて、

先日も、悪天候の中、だいぶ登れることを確認し、

それで今回の日帰り計画のメドがたったのに、

サプリ合わなかったのかな、体が重く、7合目までが遠い遠い・・・(*_*)

お天気が素晴らしかっただけにモッタイナイ。

 

手足が酸欠になるようなことはありませんでしたが、

その代償なのか、心臓の負担が半端なかったんです。

心臓がせっせと頑張って、手足に酸素を送ってくれてたんじゃないかと。

 

あまりの眠気だったので、少し横になることにしました。

こんな感じだったので、膨大に登頂予定時刻を遅らせてしまうことに(・・;

 

f:id:vivayumiko:20160708213137j:plain

 

富士山の岩は、とても温かくて、

この時はまだ風も穏やかだったので、

短時間のうちに、す~~~~っと眠りこけてしまいました。

 

少しでも眠ると違いますね。起きて再び出発です。

眠くても、怠くても、富士山を歩いていると気分は最高なのです。

 

f:id:vivayumiko:20160708213148j:plain

 

上のほうに行くと、まだ雪が残っていました。

なんと、この雪の上を滑って降りてくる下山者さんも居ました。

スーーーーーーーーーって♪楽しそうだったな。

あっという間に見えなくなっていきましたよ。

 

 f:id:vivayumiko:20160708213203j:plain

 

というか、そこ、登山道じゃないのに!

 

オープン前の富士山を登る人達は、みんな自由でした。

岩場が歩きにくいからって、ブル道を歩いてる人もいましたし(*_*)

 

f:id:vivayumiko:20160709003539j:plain

 

眠いまま、鳥居まで無事に到着。

鳥居をくぐった後は、体がだいぶラクに。

時折、サプリ作用なのか、心臓がトトトトっとしてましたが。

ひたすら黙々と歩き続けました。

 

f:id:vivayumiko:20160708221801j:plain

 

9.5合目の胸突山荘前にて。

胸突っていう由来は、胸を突くほど苦しいからだそうです。

10日からのオープンに向けてスタッフの皆さんが準備していました。

ここまで来ると、山頂まであともう少し!

 

 f:id:vivayumiko:20160708213324j:plain

 

神域が深いせいかわかりませんが、

眠さや寒さはあったけれど、

足取りが軽くなっていく瞬間が何度もありました。

 

スピードは上がりませんでしたが、体は次第にラクになっていきました。

 

f:id:vivayumiko:20160708213210j:plain

 

風がどんどん強くなり、

ぐっと気温が下がってきました。

 

f:id:vivayumiko:20160708213231j:plain

 

無事に登頂!

浅間大社奥宮には、予定よりも2時間遅れの到着でした。

まだ鍵がかかってて、中に入ることは出来ませんでした。

 

ここで、ずっとずっと楽しみにしていた助六を食べました。

お腹がぺこぺこだったので、本当に美味しかったです。

 

助六を食べた後は、さらにもうひとがんばり。

剣ヶ峰を目指します。日本一の3776m地点へ。

 

ここまで来たんだから、あともう少し!

 

 f:id:vivayumiko:20160708213243j:plain

 

剣ヶ峰、すぐ目の前に見えるのに、遠い遠い(笑)

酸欠症状が出ない変わりに、心臓がいつもと違うのです。トトトトッて。

さすが高山病予防サプリ。もう絶対に飲みませんよ(>_<)

余計なことはしないほうがいいということを改めて実感。

高山病になったら下山しましょうという考え方のほうが自然です。

 

f:id:vivayumiko:20160708222546j:plain

 

きつかったけど、もうひとつ嬉しかったのは、

出発の時点から、ずっと一緒に歩いていた人も無事に登頂出来たことです。

 

たまたま同じ場所で休憩し、

「眠いですね」「きついですね」「じゃお先に」なんて言いながら、

追い越したり、追い越されたりしながら、

一緒に歩いたわけじゃないけれど、

それぞれのペースで、最初からずっと同じペースで歩いていた人がいたんです。

 

名前も知らないし、どんな人なのかも知らなくても、

同じ道を歩いているだけで、みょ~に安心感がありました。

自然と励まし合ってた感じの距離感と。

 

あと、8合目途中で足が攣ってしまって動けなくなってた人も、

山頂で無事に再会できた時は、なんだか感動でした。

毎年この時期に必ず富士山を登るって仰ってました。

 

山は、地上では味わえない体験も楽しいけれど、

ちょっとした出会いも大きな感動です。

同じペースで歩いてきた者同士で共有している不思議な空気感があって。

 

f:id:vivayumiko:20160708213253j:plain

 

せっかく富士山に来たんだから、

ゆっくり過ごしたかったんですけどね・・・

 

この時点で、午後だいぶ過ぎていたので、

さっさと下山開始しないと、家に帰ることが出来ません。

翌日は朝から仕事でしたし、何が何でも帰らなくては。

 

次に来る時は、ゆっくりと山小屋に泊まって、

温かいもの飲みながら星空を眺めたいな。

 

また必ず来るからね!と、富士山にご挨拶をして帰ってきました。

 

f:id:vivayumiko:20160708222104j:plain

 

今月、もう一度、登頂目指して歩く予定ですが、

今度は高山病予防系のサプリは絶対に飲みません(笑)