セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

須走ルートからの富士登山♪

富士山。

今回は、須走ルートを歩いてみました。

須走ルートは初めて歩く登山道。ドキドキしながら出発です♪

 

樹林地帯を抜けるまでが、けっこう長い・・

 

頂上がすぐそこに見えますが、

あと6時間か7時間はかかるんだろうな~と、想像しながら・・

 

f:id:vivayumiko:20160724130533j:plain

 

やっとこさっとこ6合目に着いた頃には、

もうわたしは眠くて眠くて、

山小屋で頂いたホットコーヒーにとっても助けられました。

 

f:id:vivayumiko:20160724130747j:plain

 

前回、登頂した時は、富士宮ルートでしたが、

まだ山小屋オープン前だったので・・食料もトイレもすべて持参でした。

 

今回は前回よりもはるかに軽い荷物で済んでいます。

歩いてる途中に、山小屋がいくつもあって、

他にも沢山の人達が居る、それだけで本当に嬉しいものですね。

 

f:id:vivayumiko:20160724130919j:plain

 

富士山が世界遺産になってからは、行く気なくなったって仰る人もいますが、

わたしは、混んでても人が居る山のほうが安心します。

 

f:id:vivayumiko:20160724131632j:plain

 

風が強かったので、下を向きながら歩いていたんですが、

ふと気付くと、道を間違えていました(゜◇゜)

 

f:id:vivayumiko:20160724131008j:plain

 

いつのまにか下山道に紛れ込んでしまって逆走して登っていたみたいで、

このおかげで、膨大な時間ロス・・・気付くの遅すぎ!

1時間以上も余分に歩くことになってしまいました。

 

f:id:vivayumiko:20160724131118j:plain

 

前回の失敗を糧に

高山病予防サプリは飲まないで行ったので、体はラクでした。

でも酸素の薄さを、体にダイレクトに感じていました。

 

さすがに地上を歩く時のようなペースで足を動かすことは出来ません。

(というか、動きません。)

 

トボトボと、丁寧に、一歩一歩。

 

f:id:vivayumiko:20160724131844j:plain

 

そうそう、出発前に「ほぐれしあ」を塗ってから歩いたんですが、

途中で登山靴がブカブカになってしまってね。

ふくらはぎから足裏まで、念入りに塗ったのですが、

歩いてるだけで足がどんどん引き締まっていくので、

靴の紐を、フルで締め直しました。

 

ほぐれしあ効果を改めて実感して、嬉しかったですよ。

いつものわたしはフロークリーム派ですが、

空気の薄い環境では、ほぐれしあ、すごくいいと思いました。

 

f:id:vivayumiko:20160724132047j:plain

 

日差しが強くて、皮膚は熱くなるのですが、

風は強いので、体のほうは冷えないように気を付けながら。

 

モンベルのクリマプラスメッシュは、暑さと寒さの同時対策が可能なので、

これだけで体の負担もかなり軽減されてたと思ってます。

 

それでも、本8合目まで到着した時、

「きょうは山頂には行かないで、もう帰ろうかな」という気持ちになりました。

 

富士山を歩いててテンションは高かったけれど、

明日の仕事も気になるし、

この時点で、この疲労度合いなら、無理できないな~と・・・

 

ところが。

 

f:id:vivayumiko:20160724132430j:plain

 

9合目付近の鳥居をくぐった時から、ぐんっと体力が上がってきてしまいました。

それまでのトボトボペースは、どこへやら、

サクサクと体が動いてしまうのです。

 

鳥居の写真、ピンぼけしていますが、

何回撮り直しても、どう頑張っても、ピンぼけか真っ黒にしか写りません。

 

カメラが壊れたのかと思って、他の景色を撮ってみたら、

 

f:id:vivayumiko:20160724132629j:plain

 

ちゃんと撮れていたので、

鳥居だけ、もしかしたら写真なんか撮っちゃいけなかったのかもしれません。

 

山頂まで、あともう少し!

一番の急登でしたが、なぜか体がサクサク動いてしまうのが不思議でした。

ここに来てやっと体が高度に順応したのかな?

 

f:id:vivayumiko:20160724131730j:plain

 

おかげさまで、無事に登頂できました。

 

f:id:vivayumiko:20160724132714j:plain

 

山頂に滞在したのは、わずか5分。

すぐに下山しないと、新幹線時刻も気になっていたし、

きょうのうちに帰れないと困るので・・

 

でも、時間は関係ないですネ。

ここに来れたことが本当に良かったので大満足です。

 

高山病の予兆のひとつでもある手足のピリピリが出てきたので、

長居は無用でした。

 

お鉢も、剣ヶ峰も、また今度ということで。

 

まっすぐと大砂走りで、一気にザザザーーーーーーー。

 

f:id:vivayumiko:20160724133910j:plain

 

あんなに時間かけて登ったのに、

8合目まで30分もしないで降りてこれるのですから、

なんと、あっけないことよ・・・(笑)

 

でも最高でした。

山でしか味わえない体感がいっぱい。 

 

ありがとうございました!

 

お次は、来月初めに、大好きな御殿場ルートから登頂めざす予定です。

今からとっても楽しみです☆