読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

真実だろうと、出してはいけないものもある。

施術ルームより

いつだったかのニュースで印象に残っている記事。。。

 

それは、施術の中で、

頭蓋調整を行っているサロンさんや整体屋さんのニュースでした。

 

頭蓋調整することで小顔になる!などの広告が問題だったそうで、

全国で9つのサロンさんが行政処分を受けたという内容。

そのうち、7社は表示などをすぐに訂正したようですが、

残り2社は、事実として小顔効果もあるので修正するのは納得いかない、と。

 

ニュース記事を読みながら、うーん、、、

しばらく記事から目を離せずに、いろいろと考えさせられました。

 

頭蓋調整は、うちの施術ルームでも、

自律神経を整えることを優先したいお客様には、必要に応じて行っています。

 

施術する側からしてみたら、

頭蓋の調整によって、顔の筋肉の位置も整う(小顔に見えます)のは、

すごくよくわかります。

ただし、小顔のためにそういう施術をしていますということではなく、

結果としてのお話です。

決して、頭蓋調整イコール小顔のための施術ではないからです。

 

そしてわたし自身、施術ルームの案内(HPや名刺など)で、

頭蓋調整を行っていますという表現はひとつもしていません。

様々な技法を、必要に応じて取り入れているだけなので、

特定の技法をアピールすることはありません。

 

 が、情報を受け取る側にしてみたら、

人によって本当に違うんでしょうね。。。なかなか難しい問題。

インターネットは、言葉だけが一人歩きしてしまう恐ろしい一面もあるから。

 

 

わたしも、リラクゼーションサロンの運営をしていて、

文字で何かを表現するとき、すごーーーく気を付けている事があります。

 

たとえば、○○オイルを使いました。

○○オイルを塗っているうちに、持病が治ってしまいました!

な~んてことがあったとしても、絶対にブログや紙媒体などには書きません。

 

そういう体験があったとしても、

わざわざ薬事法に触れるような、あるいは誤解を招きそうな表現はしません。

ここに来てくださってるお客様のことを思うと、

誰にも何のメリットもないからです。

治す行為をしてもいいのは、お医者様だけでしょう。

 

これは、自分が何か広告を見ている時も同じ。

誤解を招きそうなギリギリの表現でご案内しているお店には、

やはり近寄りたいとは思わない。

 

そりゃね、教えてあげたいことや、シェアしたいことは、

いつもいっぱいあります。

人間の体は本当に不思議で、

何がキッカケで改善スイッチが入ってしまうかわかりません。

奇跡が起きる時は起きるからね。

 

でも、大切なことこそ、対面でしか伝えられないものです。

どんな分野でもそうかもしれませんが、

どんな分野にも様々なルールが存在していますので、

ルールを守りながら、お客様を守ることが大切なんだと思います。

 

その辺のことをちゃんと配慮している会社さんは、

大切なことは表には一切出していませんから、、、

 

インターネットの中で真実を語るなんて難しいこと。

 

本当に知りたいことは、やはり、検索エンジンではなく、

自分の足を使ってナンボだと思うし、

その道のりの過程で、ご縁によって運ばれていく世界があって、

その先に、知りたかったことの答えに出会うんだと思います。

 

ブログもね。

嘘を書いてるわけじゃなくても、本当のことは書けないものだし、

書いてはいけないものだと思っています。

 

そしてわたしも、何らかの情報を受信している時は、

発信してくださる方が配慮している部分も、

出来る限り、くみとりながら受信するようにしています。

余白の部分に込められているものが必ずあるから。

 

f:id:vivayumiko:20160911132842j:plain