読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

関節ケアは、優しくね。

ビセキ化粧品

ビセキ化粧品を日々愛用してくださってる方に、

新たな使い方を・・・♪

 

先日、

「関節にビセキパックを塗ってから、ビセキローションを♪」

という情報を頂き、さっそくわたしも試してみました。

 

f:id:vivayumiko:20160913205337j:plain

 

ビセキパックは、太古のクレイ3種が入っていて、

色素沈着した部分のお手入れにも大好評なのですが、

うちの施術ルームでは、もっぱらボディのコリほぐしに活用しています。

 

使っていて思うのは、

クリームが筋肉にダイレクトに作用するのに対して、

ビセキパックは血液のほうに作用しやすいのかなって感じてます。

 

特に、外食が続いてる方の施術では、

代謝しきれなかったものが筋肉に蓄積してしまってるケースが多く、

施術中、老廃物の「臭い」が上がってくるんです。

背中の施術中に、煙のようにモワァっと上がってくるんですよ(笑)

 

ところが、ビセキパックの使用によって(ビセキウォッシュとともに使います)

そういう「煙」のようなものが上がってこないのです。

 

まるで、部屋の空気を入れ換えたみたいに、

体を触っていてもクリアーで爽やかなんですね。

 

今回は、その上にビセキローションということで。

スポーツ後の筋肉疲労も、即、クールダウンしてくれる優れもの。

 

f:id:vivayumiko:20160913205346j:plain

 

以上の2点を、関節部位に・・・。

 

さて。

 

結果ですが・・・♪

 

関節の可動域が、とっても柔らかくなりました!

するっと動きやすくなりました。

 

関節って、ただ鍛えればいいってもんでもないんですよね。

鍛え上げたスポーツ選手が、関節の故障をたびたび起こしてますが、

使いすぎると見事に消耗してしまう部位でもあります。

 

かといって、安静にしてても、何もいいことないですよね。

動かさずにいると、それはそれで固まってしまいます。

 

ここにいらっしゃるお客様は、30代はちらほらで、

40代以上の方が多いです。50代~70代が一番多いかな。

鍛えたほうがいい年齢ではなく、

自分に合う体の使い方を知って、自分の体力を知って、

それに見合った適度な運動がとっても大切な世代。

 

ただ、今まで運動をしたことない方が、

急に運動を始めたら、一気に老け込んでしまいましたというケースもあります。

 

運動を取り入れるなら、それに見合う筋肉の休息も大切です。

 

睡眠時間も、生活内容も、なーんにも変えないで

運動量だけを増やしても、どこかに無理が溜まってしまいます。

その無理が、シワとなり老けとなり。

 

休息と運動のバランスは、個人差があるので、

積極的に自ら観察を続けて頂きたい部分です。

 

f:id:vivayumiko:20160913210605j:plain

 

先日は、施術に来てくださったお客様に、

背中のビセキパックの途中で、肩胛骨周辺にビセキローションを重ねて、

施術を行いました。

 

柔らかさが一段とアップして、とても喜んで頂きました!

 

体質によっては、ビセキローションを使わずに、

ビセキパックを使用する前に、フレエッセンスを数滴塗っておいたほうが

スムーズに改善していく方もいらっしゃいます。

この辺の使い道は、それぞれでいいと思います♪

 

 

・・・最近、思うんですけどね、

これからの時代は、年齢と老化は関係なく、

自分で動ける体を維持することが本当に大切だと感じています。

 

先日の台風でも、北海道と東北がすごい被害を受けていて。。。

北海道の被害については、報道が少ないように感じていますが、

帯広と札幌を繋ぐ国道274号が、見事に崩落してしまっています。

 

今後、野菜は値上がりするでしょうし、

それに伴って、二次的、三次的に、

影響を受ける人達も沢山いらっしゃると思います。

 

気象がおかしいのは、今に始まったことではないので、

これからも、じわりじわりと、いろんなことが続くと思います。

落ち着くまで待とうって言ってる暇はなく、

次から次へとという感じですよね。 

 

だから、わたしたちも、

何があってもいいから、次から次へと幸せに過ごす必要があると感じています。

外で起きてる状況がどうであれ、

幸せな気持ちを実感するのは、こちら次第ですから。。

 

そのためにも、動ける体を大切にしていきましょう。

 

関節は、人間関係を象徴している部位ともいえるかな。

あちらとこちらを繋いで、全体を調整する大切な場所です。

優しいケアを(^^)