読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

音との相性。

施術ルームより

施術中に室内に流しているBGMは、

真砂秀明さんのフルートが多いです。

 

他にも色々、iTunesで購入した音を流していますが、

音との相性ってありますよね。

しっくり来るのは、昔も今も、真砂秀明さんのフルートかな。

 

今回、CDを3枚追加で購入しましたので、

今せっせと、アプリに取り込んでいるところです(^^)

 

f:id:vivayumiko:20160916164720j:plain

 

真砂秀明さんの曲、どうしてこんなに気分がいいのかな?って思って、

ふと思いついて、マヤのツォルキン暦で、

自分と真砂秀明さんの相性を調べてみました。

 

なるほどー!

 

という結果でした♪

 

マヤ?

ツォルキン暦?

 

何ですか、それは?って聞かれても困るので、

簡単に申し上げておくと・・

 

ツォルキン暦は、

古代マヤ文明で使われていた暦で、260日を一周期としています。

マヤカレンダーの中のひとつです。

 

今から15年前、わたしはツォルキン暦をとても好きで活用していて、

ある団体の講師アシスタントとして、活動していたこともありました。

 

日常生活や、人生のサイクル、相性、向いてる仕事など、

いろいろなことを導き出せます。

 

4日周期、13日周期、20日周期、13年周期、52年周期など、

様々な周期を同時並行させながら出していくので、

調べなきゃいけない依頼が多かった時は、正直、大変でした。

 

占いとは違うのですが、占いみたいな感じで盛り上がることも多かった。

 

マヤの考え方の一つに、インラケチという精神があります。

これは、「わたしはもうひとりのあなたです」という意味。

 

マヤの人達は、人も、動物も、植物も、何の分離感もなく、

ひとつのものとしてとらえていたそう。

 

この精神で、人と会う、人と関わる、話をする、、、というのは、

なかなか出来ることではありません。

共感することとは違うので、、、。

 

共感するなら誰でも出来ますが、

相手として話を聞くというのは、本当に難しいことだなって思います。

 

様々な事情もあり、現在はその団体からわたしも離れ、

今はその団体も存在してないのですが、

時々ふっと、ツォルキン暦を調べるときがあります。

 

戦死したわたしの祖父と、現在100才超えのわたしの祖母は、

ツォルキン暦で調べていくと、

「鏡の向こうのもうひとりの自分」同士の夫婦だったんです。

 

偶然かもしれませんが、

わたしの周囲で「鏡の向こうのもうひとりの自分」が夫婦になっている場合、

どういうわけか、様々な理由で、

片方が若いうちにあちらの世界へ旅立ってしまう。 

 

そのうち、わざわざ調べることはしなくなってしまいました。

 

さて、真砂さんのCD、取り込みが完了しました。

きょうはどれを流そうかな・・・♪

 

富士山シーズンも終わったし、

たくさん楽しませて頂いた分、施術ルームもしっかり頑張りますね♪