読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

苦手なことでも心が喜ぶならチャレンジかな。

施術ルームより

視野を広げるための最短の方法は、

自分とは全く違う考え方の人と過ごし、

全く違う価値観に触れて、

興味ない分野を覗いてみる、

これが一番早いよね。

 

と、お客様とお話していました。

 

苦手なことは、やらなくてもいいという考え方もありますが、

苦手なことでも、心が喜ぶ(または納得する)のなら取り組んでみるといい。

と、わたしは思っています。

 

ひとりの仕事は、休みも仕事みたいなものなので大変な時もありますが、

気持ちはね、気楽なんですよ。

自分の好きなことばかりに囲まれていて、

自分の好きなように仕事しているので、

これはこれで、平和で良いのですが、

ふと気付けば、世界が狭くなっていたりするのです。

 

狭い世界は決して悪いことではないと思うんですが、

仕事や、自分のプライベートとは関係のないことでも、

視野を広げる機会を大切にしていると、

ちょっとした時に、新たな発想が生まれたりするので、

関係ないことって何もないんだな~ってつくづく思います。

 

スポーツの試合など見ててもそうですが、

チーム全体を無視して、自分ひとりでゴールしか見てない人がいれば、

そのチームは勝てません。

 

いざって時に、別の道を見つけられる思考を育てるのって、

我が道を行く姿勢だけでは、なかなか育たないよね、って。

 

でも、興味のないことって、頭になかなか入ってきませんよね。

読みたい本ひとつとっても、そう、

単行本や文庫本は、読みたいものを読むことが多いから、

自分の世界の延長です。

 

でも、新聞や雑誌は、そこに書かれてることが真実か嘘かはどうでもよくて、

とりあえず、興味あるなし関係なく、様々な分野の記事が書かれています。

流し読みでもいいから、少し触れておくだけでも、

あとからそれがものすごく役に立った!ってことが、

やっぱり出てくるんです。

 

 

わたしは、富士山が大好きなので、

富士山に何度も行っているってことが周囲に知れると、

世間では「富士山イコール日本一」なので、凄い!ってことになるのですが、

登山部の方々のお話を聞かせて頂くと、

富士山は、なんて歩きやすい山なんだろうって思うんですよ。

(観光シーズン中のメインルートに限ります。閉山中や山麓は怖いです。)

 

それ以上に、、剣岳など、片足分しか置けないような幅のトレイルを、

蟹の横ばい状態で延々と歩き続け、落ちたらひとたまりもない岩場とかね、

わたしの体力と技術では、遠慮させて頂きますの山は沢山あります。

 

で、そういう場所に頻繁に行っている旦那様を持つ奥様が

施術にいらっしゃることもあります。

その心配が、どれほどのものかもわかるので、

奥様の気持ちに寄り添うことくらいしか出来ないけれど、

寄り添うことがどれほど大きいことかを、

あとから実感させられることも多いのです。

 

そして、旦那様の、

行った人にしかわからない世界と境地があることも伝わってくるので、

奥様の心配に寄り添いつつも、

心配を押しつけることもNGだから、、、って姿勢にもなる。

 

 

わたしは特別、コミュニケーションが上手なほうではないし、

どちらかというと苦手なほう、

それでも、異業種の方とお会い出来る機会がある時は、

出来るだけ出向くようにしてきました。

(同業者の集まる場には、ほとんど顔出してないのですが(笑))

 

いま振り返ってみると、そういう機会のおかげで視野を広げて頂けてたことや、

そこからご縁が広がっていたことを思うと、ありがたいことばかりです。

 

限られてる時間、

自分ひとりで体験出来ることなんて知れてる。

 

そして、わたしと関わってくれてる間、

相手の貴重な時間を使って頂いてることも忘れちゃいけないと思っています。

 

 

この2年は、

わたしは自分の好きなことに思いっきり集中していたように思います。

そういう時間も、視野を広げる以上に大切な時間だと思っています。

それと比例するように、仕事も増えました。

 

やるだけやった感のおかげかな、

現在は、苦手を克服するモードに突入中です。

 

お彼岸あけたら、

来週は、いよいよ苦手な飛行機に乗ります。16年ぶり!

 

好きなことではないのにね。

心が喜んでいるんです、この挑戦を。

新幹線で行こうと思えば行けるのですが、

飛行機を選ぶことが出来たのも、好きなことに集中してきた期間があったから。

そして、キッカケを与えてくださった方のおかげ。

その方のことを、わたしは心から大好きで信頼しているから。

 

好きなことよりも、心が喜ぶことを大切に。

その上での苦手の克服なら、きっと楽しめると思うのです。

 

飛行機を大好きだった時代もあるので、

また飛行機を大好きになれたら、またひとつ世界が広がりそうです。 

 

f:id:vivayumiko:20160921221213j:plain