読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

16年ぶりに飛行機に乗りました。

16年ぶりに飛行機に乗りました。

 

若い頃は、毎週のように乗ってた時期もあったんですけどね。

記憶が薄いので、まるで初めて乗る気分でした。

 

飛行機って、こんなに音が大きくて、

こんなにGがかかるものでしたっけ??

 

一緒に乗ってくれた方のおかげで、平和を保てたものの、

心臓バクバクでした(笑)

 

f:id:vivayumiko:20161001200319j:plain

 

わたしが飛行機に乗らなくなったのは、30才になる手前の頃です。

 

当時は、病気の影響もあって、

体から意識が離れてしまうことを繰り返していました。

 

血圧が50まで落ちた時は、

意識は鮮明になるのに、体がひとつも動きません。

声を出したくても、声帯を動かす筋肉を使えないのです。

それなのに、隣の部屋の人達の話し声は、自分の耳元で大きく聞こえるのです。

すぐそこで聞こえているのです。

 

いま思い返せば、その状態は、

意識が巨大になって、体をはみ出していたのかもしれません。

 

あの世をチラ見して帰ってきたこともあります。

 

その後、体は回復していきましたが、

飛行機に乗った時に、

空で揺れるたびに、

体から意識がはみ出てしまうようになりました。

 

はみ出たまま、体を動かすというのは、苦痛以外の何でもなく。。。

 

自分が見ているものが、

この世のものなのか、あの世のものなのか、

区別出来ないくらい、いろいろなものが見えてしまうようになり。

 

飛行機さえ乗らなければ、そういうことも起きなかったので、

それ以来、ずっと、新幹線移動がメインになってゆきました。

 

それと同時に、体と意識をぴったりとフィットさせるためには、

治療だけではなく、これまでの生き方も問われる試練が沢山あり、

今こうして元気に生きているのも、

これまでの数々のサポートのおかげなんです。

 

体と意識がズレてしまうことによる具合悪い方がお見えになった時は、

通常の施術とは少し違うことをします。

今のわたしがスムーズに対応出来るのは、当時の経験のおかげでもあるのです。

 

そのうち、新幹線もどんどん便利になっていったので、

飛行機は移動手段の選択肢から綺麗さっぱり消えてゆきました。

 

でも・・・

 

ご縁あって、富士山が大好きになってしまい、

今は、どうしても行きたい山が出てきてしまいました。

その山は、海外にあるので、飛行機を使わないと行くことが出来ません。

 

今の自分なら、飛行機に乗れるだろうか?

でも何年も乗ってないし、チケットの購入方法も知りません。

それに、また同じことが起きてしまったらどうしよう?という不安も。

 

いつか、飛行機に乗る練習をしようかなぁ。。。と、

今年は何度かつぶやいていたんですよ。

 

つぶやいたことは、実現するものですね。

 

あっさりと、その日がやって来たのでした。

 

仕事で札幌に行かなければいけなくなったので。

 

f:id:vivayumiko:20161001201127j:plain

 

想像力豊かなわたしは、

事前に「この先、揺れが予測されます」なんてアナウンスが流れるたびに、

どんだけ揺れるのでしょう!と、揺れる前から揺れていたのでした(笑)

 

苦手なことに取り組むときは、

自分の感情と、もろに向き合うことになりますね。

 

わたしは、飛行機の何が苦手なのだ?と、自問自答していました。

 

「空中で揺れている」状態が苦手なのであって、

「飛行機」が嫌いなわけではない。

 

この気付きは、とても大きな発見でした。

 

じゃ、揺れを少しでも気にならなくするためには?

 

機内でゴソゴソと試行錯誤を繰り返していたんです。

 

Jシートを利用していましたが、

揺れるたびに、頭~肩にかけての部分を、背もたれから離してみる。

そうすることで、揺れが体に響いてこないことに気付きました。

 

若い頃、バイクを運転した時のことを思い出しました。

右に傾いた時は、体を左に向けると、重心がまっすぐに保たれることを思い出し、

飛行機の揺れに合わせて、自分の体を微妙に動かしていました。

 

あと、揺れの予測のアナウンスが入るたびに気分が落ちたので(笑)、

耳にはしっかりとウォークマンをしました。

音楽を聴いていました。

 

そのうちに・・・時々、居眠りしてました!

 

でも一番大きかったのは、一緒に飛行機に乗ってくださった方の存在です。

一緒に居てくれるだけで、どれだけ心強かったことか!

最強の守り神でした!

本当にありがとうございました。

 

 f:id:vivayumiko:20161001204043j:plain

 

名古屋から札幌までの往復をしてみて。

今また、もう少し飛行機を練習したい気持ちになっています。

 

決して心地良いとは思ってないけれど、

安心して乗れるようになって、

本当に行きたい山へ登山しに行きたい気持ちのほうが勝っています。

 

練習となると場数が大事。

でも、いつでも都合良く休日を確保出来るわけでもありませんので、

飛行機に乗って、ランチを食べて、また飛行機に乗って帰ってくるという、

日帰りコースをご一緒してくださる方を募集したら、

2名の方が手を挙げてくださいました。

 

本当にありがとうございますm(__)m

 

さて、、、

わたしなりの揺れ対策に、わたしなりに満足して空港からの帰り道。

一緒に乗ってくださった方のぼそっと一言、

「きょうの飛行機は揺れてないよ。」

 

あ(^_^; そ。

 

やはり、いろんな天候の時も味わっておかないとですね!