セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

技術はひとつでも、その出し方は無数にありますよ。

以前、足の反射療法を指導させて頂いた生徒さんから、

ご相談を受けました。

 

富裕層のマダム達が集まる某イベント会場で、

ひとりひとりに、プチ施術を行うことになったとのこと。

 

わたしからの応対は。。。

 

感動を与えてあげてね!

 

。。。以上でした(笑)

 

 

お客様はイベント全体を楽しみに来てくださっているので、

こちらの技術を一方的にアピールする必要はまったくないわけで。

 

自分のホームに来て頂く場合の施術と、

主催者さんのホームで行う施術では、

お客様の目的も意識もまったく違いますから、

そこは、柔軟に、場を思いっきり楽しむほうがいい・・・♪

 

 

ふだんのわたしは、1セッションというくくりの中で、

まとまった時間の中で、全身の施術を行っていますので、

お客様の体力に応じた解毒を配慮しています。

 

が、全身に触ることが出来ない環境に出向いた時や、

10分以内にしてという条件の中では、

必ず押さえておくポイントがいくつかあります。

 

そのうちのひとつは、即効性。

 

10分しかないから結果出せないのよ~、これはNG。

10分なら10分で結果を出してあげる。

10分を、喜んで頂くために全力で使う。

 

お客様にも喜んで頂き、主催者にも喜んで頂くことが最優先。

 

そのための使える技術を、いくつか教えてあげながら、

イベントの盛会を祈るわたしでした。

 

f:id:vivayumiko:20161005111535j:plain

 

話は変わりますが、

他からも相談を受けることがあるんですが、

もし、自分の持ってる技術が、たったひとつだとしても心配なし。

相手の目的や状況に応じて、 技術はひとつでも、出し方は無数にあります。

 

場の空気に合わせること、

相手に合わせること、

これが出来れば、なんとでもなることが沢山あります。

 

 

いつも感じることですが、

何かを学び始めた方が、1から10までしっかり修得しないと、

一歩を踏み出せないケースを時々見かけます。

 

その一方で、

1から5までしか修得していなくても、

その中で確かな結果を残して、確実に前進しているケースもあります。

 

お客様が安心して喜んでくださるのは、後者のほうです。

収益が上がっていくのも、後者のほうです。

 

 

身ひとつで、小さくても独立して仕事をしていくのなら、

知識や技術だけを完璧に追い続けるのではなく、

今の自分が提供出来ることの中から、

相手のご要望に応えていける接点を探すチカラは必須だと思います。

 

このチカラを育てるのは、残念ながら講座を受講することではありません。

 

 

わたしはよく小説を読みますが、、

主人公が厳しい状況を克服して、

無事にハッピーに締めくくられるストーリーを読みながら、

同時並行でもうひとつのことがいつも脳内にあります。

 

それは、この状況に置かれた主人公のために、

わたしが出来ることは何だろう?と置き換えて考えてみることなんです。

自動的にそういう思考になってしまってるみたい。

考えてると、いろんなアイディアが出てくるんですよ。

主人公に喜んで頂きたいと思うから。

 

ふだんの友人との関わりでも、それは同じ。

仕事だろうと、仕事じゃなかろうと、

自分に出来ることは何だろう?という思考は、いつも一緒にあります。

喜んで頂きたいと思うから。

 

だから、貴重なアイディアが出てくる時は、

カフェでおしゃべりしてる時だったり、

山を歩いてる時だったりが多いので、

仕事のために経費を使った行動してる時だけとは限らないのです。

 

なんとかなることっていっぱいあります(^^)