セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

夜遅い時間に食べるのを止めたら肩の痛みが消えたお客様のお話。

数ヶ月ぶりにいらっしゃったお客様との会話の中で。

とても嬉しいご報告を頂きました。

 

当時、肩が痛いと言っていたので、

夜遅い時間に食べることを止めてみては?と、提案してみたんですね。

 

でも、このお客様の勤務状況を考えると、

それはとても言いにくいことでもありました。

帰宅はいつも深夜の方なので。

 

夜遅い時間に帰ってきて、ようやく自分だけのプライベートタイム!

という時に、食事以外で、その時間を楽しんで頂くという提案だったからです。

 

早い時間に夕食を食べるためには、

勤務中の中で、時間のやりくりをしなければいけなくなります。

 

いろいろと難しいだろうなぁ・・・と思いつつも、

夜遅い時間に食べる習慣が続いていくことによる今後のリスクを思うと、

提案せずにはいられませんでした。

 

何かひとつ変えるというのは、本当に様々な工夫と労力、

人によっては、ご家族のご協力も必要になってくる。

 

それでも、これまでの結果が「今」なのですから、

「今」の体が痛いと言っているのなら、

これまでの通りでは改善は見込めないので、

「今」の体に、必要なケアを、どのように取り入れていくかと。。

 

アドバイスを求めてくださる方は多いですが、

「ん~それは無理です、なかなか難しいです。」と、

おっしゃるケースも多々あります。

 

このお客様は違いました。

改善のことだけを考えて、出来る限りのことを取り組んでくださいました。

 

わたしから伝えたことは2点だけ。

夜遅い時間に食べるのを止めることと、

そのお客様に合わない食材をいくつかお伝えしていたので、それを避けて頂く。

 

さっそく実践してくださって、

3日もしないうちに、肩の痛みが綺麗に消えてしまって、

ビックリしてしまったそう。

 

痛みの要因は様々にありますが、

食べる量を控える(=内臓を休ませる)だけで、

痛みがひいてしまうことは少なくありません。

 

実践してくださったことを、わたしもとても嬉しくて、

一緒になって喜びました。

 

夜遅い帰宅は避けられないことなのに、

夜遅い時間の食事をしないのは大変じゃなかった?って聞いてみました。

 

体がラクなことのほうが、ずっとラクなので!とのこと。

 

忙しい方なので、、

日常のルーティンの流れの中に組み込めることしか続きませんから、

新しい習慣を、なんとか日常のものとして慣れていけるように、

見えないところで、色々な工夫もあったんだろうなって思います。

 

元気になったご報告を頂いて、

わたしもとっても励みになりました。

いつも、ありがとうございます・・・☆

 

f:id:vivayumiko:20161006211020j:plain