セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

エッセンシャルオイル(精油)の入れ替えを。

精油ボックスの中身を確認し、

古い精油を処分し、新しい精油と入れ替えをしました。

 

定期的に行っている作業です。

 

施術の時に、精油を使用される方もいらっしゃれば、使わない方もいらっしゃる。

ビセキ派のお客様もいらっしゃれば、何も使わないのを好むお客様もいらっしゃる。

いずれも、わたしが対応出来る範囲での対応です。

 

たったひとりの、たった一度の施術のためにしか使わない精油もあるので、

そのまま使わなくなってしまったものもあります。

 

長く保存出来るものもあれば、早めに処分したほうが良いものもあり。

 

f:id:vivayumiko:20161009073158j:plain

 

この作業をする時は、窓全開にして、換気扇も回して行うのですが、

香りを確認しながら作業するので、

10分もしないうちに、体中がポカポカになってゆきます。

 

時々、休憩を入れて、水分補給をしながら。

、、、自分の体を休ませながら行います。

 

人工的な香りと違って、天然の香りは吸収スピードが早いです。

鼻から脳を通って肺の中へ、そしてそのまま血液へ吸収されてゆくので、

精油の作用がそのまま体に作用していくんですね。

自分に合ってる精油ならどんどんラクになっていきますが、

合ってない精油の時は、ちょっとだけ大変です。

 

だからこそ、これらが苦手なお客様には使わないし、

使う場合でも、一方的にこちらで決めるのではなく、

必ず香りも確認して頂き、お客様の体調に合わせて使うようにしています。

 

今回は、久しぶりにヒノキやユズなどの和精油も仲間入りさせてみました。

直接、施術に使うことはしなくても、

施術を受けてる間、コットンに垂らして、

枕元で香らせていたいお客様もいらっしゃるので。

 

精油ボックスも新調しました。

 

f:id:vivayumiko:20161009075539j:plain

 

精油の入れ替え作業をしていると、アロマショップの店員さんって

けっこう大変なんじゃないかなぁっていつも思います。

 

毎日、勤務時間の間、ずっとずっとずっと何かの香りを嗅いでるわけでしょう。

自分に合ってる香りとは限らないこともあるでしょうし。

 

以前、施術ルームに通ってきてくださってたアロマセラピストさんの手は、

いつも荒れていました。

毎日、何らかの精油を使い、素手でお客様の施術に入っていたので、

手からの吸収が半端なかったんでしょうね。

一日中、吸収し続けていることになりますから。

一度の使用量が適量でも、毎日複数のお客様を相手にしていれば、

過剰摂取状態が続いてしまうことになる。

 

血便も時々出ていたとのことで、

病院で検査してもらったものの、特に問題はなく。

では、すぐに精油の使用をやめるか、素手での施術をやめるかのご提案をしたら、

血便も出なくなりましたって報告を頂いたことがありました。

 

想像以上に、神経系統や内臓への作用も大きいのが精油なので、

やみくもに使うことはわたしもオススメしていません。

 

そのかわり、自分に合う形で適量を守って使えた時の、体への作用は感動的です。

可動域が広がったり、呼吸が深まったり、気分がラクになったりと。

 

自分の体に合う物を知って、

適量を知って、

作用を観察し、学びながら使っていくことがとても大事・・・♪

 

 

話は変わりますが、

わたしはトイレ掃除には、いつも「レモン」の精油を使っています。

トイレ掃除に「レモン」は、開業当時からずっと続いている習慣です。

 

重曹にレモンを混ぜて、アロマクレンザーの出来上がりです。

 

他の香りでは駄目なんです。

なぜレモンか?

、、トイレの神様が、レモンのほうが微笑んでくれるからです(^^ゞ

奇妙なヒトリゴトを失礼しました☆