読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

空白のピースをまたひとつ繋げました。

山登り♪

前日の記事の続き。

 

今年の富士山は、崩落がとても多かったみたいです。

絨毯のように美しかった宝永火口は、落石の形跡が沢山あり、

スジが何本も入っていて。

 

昨年よりも、今年の春に行った時よりも、

転がってる石が多いように見えました。

 

この日、目指していたのは、宝永山の山頂でした。

でもその前に・・♪

 

f:id:vivayumiko:20161021191216j:plain

 

真ん中の矢印の方向に歩いて、

「山頂」ではなく、まずは「馬の背」に向かいました。

 

その地点が、こちらです。

 

f:id:vivayumiko:20161021191323j:plain

 

ここは、何度来ても気持ちいいんです。

他の場所では味わえない気持ち良さがあるんです。

 

高度がどんどん上がっていくはずなのに、

体はどんどん軽くなっていく不思議なスポット。

お天気良かったら、お昼寝したくなるくらい気持ちいいんです。

 

馬の背に到着する少し手前の位置にあります。

宝永山の山頂に向かうショートカットを通っていたら味わえません。

このルートはわたしには大切なエネルギーチャージ場所になってます。

 

f:id:vivayumiko:20161021191938j:plain

 

馬の背に到着後は、いざ宝永山の山頂へ。

ここから徒歩5分で山頂に着きます。

 

富士山の中をあちこち歩いてきて、

ここからたった5分の道だけ、今まで歩いたことなかったんですよ。

 

地図を少しずつ繋いできたので、空白のピースを埋めなくてはね。

この5分のために、朝4時に起きて、ここまで来たんですから(^^)

 

f:id:vivayumiko:20161021192012j:plain

 

富士山の中にも、こーんな平らな場所があったんだ!!(感動♪~)

 

閉山中の富士山は、山小屋はすべてクローズしていますが、

たくさんの登山者さん達に会いました。

 

宝永山に向かう人達と、富士山頂上を目指して登っている人達と。

 

f:id:vivayumiko:20161021192511j:plain

 

噴火した場所って、独特な雰囲気がありますね。

どのくらいの深さからの噴火なのかわかりませんが、

噴火ということは、地底に通じる穴があいた場所なので、

それだけでエネルギーも「濃い」感じがします。

 

噴火と同時に出来上がったという宝永山。

 

今まで遠くからしか見たことなかった「山頂」へ、

無事に入ることが出来て、地図がまたひとつ繋がりました。

 

f:id:vivayumiko:20161021193247j:plain

 

晴れていたら、この後ろには、

富士山のてっぺんがそびえ立ってるはずなのです。

 

真っ白なので、肉眼では見えませんので、

心の目で(笑)、景色を楽しむこととなりました。 

 

f:id:vivayumiko:20161021194414j:plain

 

宝永山の帰りには、2合目付近に寄り道しました。

高鉢から御殿庭下に通じる樹林地帯を。

 

f:id:vivayumiko:20161021195201j:plain

 

360度、見渡す限り、木々の中。

 

この中を歩いていると、

富士山の中に居るということもすっかり忘れてしまいますし、

時間の感覚もなくなってしまう。

 

f:id:vivayumiko:20161021195351j:plain

 

魔法使いのおばあさんが出てきてもおかしくなさそうな風景。

山麓を歩くのは、やはり新緑の時期がいいな。

今は、、おばけ屋敷のような雰囲気もあり、、、

ひとりではこんなとこ歩けない。

 

f:id:vivayumiko:20161021195526j:plain

 

歩いてる途中で、時々お会いする森の番人さん達。

他の木とは違うのです。

鳥居のような役目をしてくれてる。

心の中でご挨拶をして、、帰ってきました。

 

感謝でいっぱいの良い一日でした。

ありがとうございました!