セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

トンネルの中を歩きながら思ったこと。

先日、陣馬山から下山の後に撮った写真です。

最寄りの藤野駅まで向かう途中のトンネルの中。

 

トンネルの中を

車でもなく、海底駅を通る列車でもなく、

足を使って歩くのは、もしかしたら生まれて初めてだったかも。

 

f:id:vivayumiko:20161121220836j:plain

 

車が通った時は、びっくりしました。

トンネルの中って、こんなに音が響くものなの???

 

ゴォォォォォーって、

村上春樹さんの「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」に出てくる、

地下鉄の中に存在している黒いものたちを思い出してしまいました。

 

f:id:vivayumiko:20161121221024j:plain

 

山を歩くようになってからというもの、

いろいろなことを想うようになりました。

 

トンネルもそう。

山のボディに、穴をあけているってことですよね・・・?

 

もちろん、安全祈願なども済ませてから工事に入るとは思うのですが、 

なんだかそれで治まっているとは思えない・・・。

 

山を歩いていると、

そこから動くことなく、ずっとそこに在り続ける「何か」と出会うから、

その「何か」のことを思うとね、

優しく歩きたいって思ってしまうんですよ。

 

でも、文明はどんどん進化しているし、

近い将来、富士山の横を、リニアがビュン!!!って走るようになったら、

見えない世界の側では、一体どんなことになっちゃうのでしょう・・・?

 

騒音も振動も少なくて、名古屋から東京まで40分で移動出来るのは魅力的。

便利になるのはありがたいです。

 

でも、自然界に存在しない磁力を使って、

車体を浮上させて移動するんですよね?

 

電磁波のことも含め、少し心配です(・-・)

 

今の時代、当たり前に使われているwi-fiも、

ふだんのわたしは切っているんです。

使う時だけ繋ぐようにしてるんです。

そのほうが、背中がラクだからです。

 

今年の9月に、高速バスに久しぶりに乗った時も、

移動に時間はかかったけれど、体が(頭が)とてもラクでした。

そのまますぐに仕事に戻っても、何も問題ありませんでした。

 

新幹線は、わたしの場合はそんなわけにはいかないので、

仕事で移動する時は、グリーン席を使って出来るだけ負担をなくしています。

 

それでも、時間に余裕があるなら、

バスのほうが体がラクだなぁ、、、って、

しみじみ思ったのでした。

 

世の中の変化に対して、

自分もその変化に乗っていきたい気持ちはもちろんあります。

ただ、環境破壊と引き替えになっているのなら、

人間の体も無関係ではなくなっていくと思うんです。

地上で起きていることは、ボディにも起きているからね。

 

時代の流れに応じて、体調に応じて、

少しずつ、施術内容や重点を置く部分も変化させてきました。

 

今はとにかく四季がない。

 

毎日が季節の変わり目。

 

時間をかけずに自分でも出来るセルフケアの継続も、

すごーく大事だなって思ってます。