セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

ボディも来年の準備を。

最近、ずっと腰が重くて怠くて・・・と、

施術ルームに入ってくるなり、お客様がつぶやいていたので。

 

「何か変なもの食べたんじゃない?」

 

変なもの・・・?

何かなぁ・・・?

 

しばらくの間、食べ物のお話で盛り上がりました。

 

要因は、色々とあると思いますが、

外科的なことが原因ではない限り、

腰が重いとか、腰が怠いとか、疲労が取れないような時は、

食べ物を振り返ってみると、わりとスムーズに解決することが多いんです。

 

最近めっきり寒くなってきましたし、

鍋料理なども増えてるんじゃないかなぁ?って問いかけてみました。

 

鍋、食べてます、食べてます!と、お客様。

 

その鍋の中身は、魚介類と白菜もけっこう多く入ってた?って聞いてみました。

 

入ってます~。食べてましたよ~!と、お客様。

 

そうなんだ(^-^)

それでは、もうひとつ質問を・・・

 

魚介類と野菜たっぷりのヘルシー鍋よりも、

焼肉のほうが体が軽いと感じたことない?と、問いかけてみました。

 

お客様は、しばらくの間、無言で目がテンになっていましたが、

やはり鍋よりも焼肉だったのです。

 

「そうなんです。

焼肉を食べた日は、体が軽いって思ったことがあります。

この間もそうでした。」とのこと。

 

カロリーじゃないんですよね。

 

どんなにカロリーが低くて、どんなにヘルシー料理でも、

体がそれらを代謝出来ないのなら、

体の中に残ってしまうんです。

 

それが体を固くしてゆき、痛みを引き起こしてしまうこともある。

 

カロリーが高くても、

体がそれらを代謝出来るのなら、あまり心配しなくてもいい。

カロリーのほうは、高くなる分、ちゃんと消費出来るように心がければいい。

 

これ、体質の違いを学んでるお客様には普通のことですが、

魚介類と白いご飯の組み合わせでは、

体が重たくなってしまうタイプの方っていらっしゃるんです。

 

好き嫌いとは別ですよ。

 

同じ食材でも、同じレシピでも、

体に対してどんな作用があるのか?という部分は、

人によって本当に様々なんです。

 

何を食べたらいいですかというお話ではないんです。

 

なぜなのかわかりませんが、

肉よりは魚のほうが良いからという思いこみと、

カロリーは少ないほうが良い感じがする、、などの考えから、

熱心に、ヘルシーに続けられるのですが、

だんだんと、体が曖昧になってきてしまい、

食べても満足しなくなってしまう・・・

 

体のほうでは「これじゃなくて、別のものが欲しい」と欲求してるのに、

実際に入ってくるものは違うもの・・・

 

だから、食後にもう少し何か・・という気分になってしまい、

食後のスィーツが登場したりする。

それで、一気に脳を麻痺させて、あとはもう考えなくても大丈夫な状態になる。

そして血糖値が一気に変化して、疲労して、眠る・・

 

気付いたら腰が硬くなっていました(*_*)

というパターンって、けっこうあったりします。

 

消化活動がスムーズな時と、そうじゃない時では、

腰椎にかかる負担もまったく違うので。

 

全身をみて、

熱のバランスはどうでしょう。

水のバランスはどうでしょう。

陰陽バランスはどうでしょう。

消化具合はどうでしょう。

 

いろんな視点から、バランスを観察して、

一番バランスを崩しやすい角度から、必要なケアを優先していけるよう、

お客様の日常に組み込めるような食べ方、食べ合わせ、ちょっとした工夫、、、

 

 

施術中、いろんなお話で盛り上がりますが、

気温差が激しい時ほど、バランスって大事だなって思います。

 

バランスが取れるのなら、変な言い方ですが適当でもいいと思うんです。

 

今回のお客様は、食事にとても気を付けていたのに腰を固めてしまいました。

世間一般の健康情報によるヘルシーメニューよりも、

実際に食べてみて、自分の体が動きやすいほうはどちらなのか?を

観察してみるとおっしゃってました。

 

日々、体には波があり、リズムがあるので、

ゆーらゆーらと、ゆったりとした気持ちで、適当に。

 

軽やかに来年を迎えていけますように(^^)/

 

f:id:vivayumiko:20161126204126j:plain

 

先日、クリスマスツリーに

剣山で購入した「登山靴」も今年から飾りました♪

 

富士山も、ダースベイダーも、富士山の鈴も、大活躍中。