予防接種に対して思うこと。

あちこちでインフルエンザの大流行。

 

施術のご予約のお客様からも、

急遽、お子様が熱を出してしまい、

止むを得ずキャンセルされた方もいらっしゃいました。

 

予防接種を毎年受けていても、

毎年ちゃんとインフルエンザにかかってしまうミステリー。

 

先日も、お客様からの衝撃的な一言が。

 

「先日、わたしインフルエンザにかかってしまったんですよ。

でもそれが職場にバレてしまうと、仕事を休まなきゃいけなくなるので、

ずっと内緒にしてました。

休むわけにはいかなかったんです。

まわりに感染させてしまうかもしれなくても、

自分のことだけで精一杯で、とにかく、

仕事を休むことのリスクのほうがはるかに大きかったので。」

 

このような事情を抱えながら

社会全体と関わってらっしゃる方は、

本当はとても多いんじゃないかなって思いました。

 

確かにわたしも、

自分が倒れてしまったら、

自分のかわりに施術をしてくれる人はいませんので、、、

お客様の気持ちもよくわかります。

 

本当ならば、休んで、しっかり完治させてから動きたい。

でもそれをやると、もっと大変になってしまう、

重要なことが多すぎて、、、という状況、

自分も組織の中で責任者として働いてた経験があるから、

本当によくわかる、、、。

 

社会の仕組み自体、おかしな部分も多いから、

その中で生き抜いてる個人個人のことだから、

良いとか悪いとか、

正しいとか間違ってるとかでは判断出来ないし、

今いちばんに最重要なことを最優先し続ける連続しかないわけで。

 

いろんな事情が、本当に沢山ある世の中だから、

休まなかったことに対して

あれこれ言えるものではないと思いました。

 

とにかく、ウイルスと戦った内臓達が疲労困憊してるから、

背中の緊張をほぐしていきましょうねと言って、いつものように施術を。

 

ウイルスによる背中の緊張は、ただのコリと違って、

とにかくほぐれにくいです。

ほぐれにくくてもいいから、ほぐしておくんです。

 

f:id:vivayumiko:20170203130016j:plain

 

ちなみに。

わたしはインフルエンザの予防接種は受けない主義です。

 

もしインフルエンザにかかってしまったら?

 

かかってしまえと思っています。

 

もし自分が倒れた時、

自分のかわりに働いてくれる人はいません。

本当に倒れた時はサロンをクローズするしかありません。

 

だから、倒れるわけにはいかないので、

予防接種も受けないのです。

 

理由は、

「予防接種を受けたらインフルエンザにかからない」

と思ってないからです。

 

もちろん、

予防接種を受けたことは過去に何度かあります。

でも、予防接種の中身を知らない頃から、

予防接種を受けたあとは、体にいつも異変を感じていました。

そして、予防接種を受けた年だけ、

派手な発熱や嘔吐があったんです。

 

予防接種を受けなかった年は、

多少の風邪をひくことがあっても、

寝込んだり、長引いたりすることはありませんでした。

 

予防接種の否定をしているわけではありません。

わたしの自己責任で決めていることです^_^

 

基本的なことを何も変えることなく、

予防接種だけ受けても負担が大きいだけだなって

自分の体で感じるから。

 

基本的なこととは。

わたしにとってそれは、

早くに就寝するとか、

毎日少しでもいいから太陽の光を浴びるとか、

食べたくない時は無理に食べないとか、

歩く時間を増やすとか、

美味しく食べるとか、

呼吸を深めるとか、

体が硬くなったら、柔らかくほぐすとか、

そういうことです。

 

もし、

歩く暇もない、

食べる暇もない、

寝る暇もない、

ほぐす暇もない、

体を振り返ることなく毎日が過ぎてしまう状況だったら、

それらを一切変えることをしないで、

予防接種だけを受けても意味がないと思っています。

 

生活習慣を何も変えずに、健康のためと言って運動量だけを増やして、

結局は体力が低下していくケースと同じかな。

運動量を増やすなら、休息もしっかり取らないとネ。

 

健康のためにはあれがいいとかこれがいいとか、

いっぱい出回ってる時代ですが、

何を取り入れてもいいから、基本的なことがまず先。

その上で足りてないことを補う形を選択しないと。

 

蓄積がいちばん怖いですから・・・。

 

どんなお天気の時でも、台風でもない限り、

一日一度は、少しでもいいから、歩きましょう・・・♪

歩けない方は、足を動かすだけでも・・・♪

 

体の動きやすさを知っておくと、

動きにくくなった時に、どうしたらいいのか気付きやすくなると思います。

 

f:id:vivayumiko:20170203130038j:plain