読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

振り回される必要なし☆

仕事場で嫌なことがあって、落ち込んでらっしゃったお客様と。

 

対人関係って難しいですよね。

自分にとって「良い」ことが、

相手にとっても「良い」こととは限らない。

 

良かれと思って発したヒトコトが、

相手にとっては激しく傷つけてしまう結果となることもある。

 

ひとつひとつ小さなことまであげていたらキリがないけど、

ひとつだけ言えることは、

こっちが落ち込んでいようと腹を立てていようと、

相手はいつも通り平和に生きているということ(笑)

 

だから、落ち込むのも、腹を立てるのも、

相手には何も関係がないことで、

全部、こっちの、自分自身の問題ということになる。

 

 

わたしも、少し前に、

お客様と関わっている時に、

ものすごく嫌な気持ちにさせられた出来事がありました。

 

もちろん、お客様はそんなこと微塵も思ってないし、

いつも通りなわけです。

ただ、わたしのテンションは、ものすごく落ちてしまったのです。

接客中ですから、笑顔は絶やしませんが、

心の中では、静かに扉が閉じていくのを感じましたよ・・・(笑)

 

でもね、その時、

むかし何度もリピートして勉強させて頂いた、

億万長者さんの言葉が蘇ったんです。

 

こっちはこっちの都合で機嫌がいいの。

あっちはあっちの都合で機嫌が悪いの。という言葉。

 

あっちの都合で、

こっちのテンションが落ちる必要はないということ。

 

むしろ、相手の都合によって、

いちいち気分を害していたら、

こちらの運気まで下がってしまうという容赦ない法則がある。

 

すると、次の嫌なことがまたこちらに起きてしまう。

 

相手の運気はいつも通りです(笑)

 

結局は、自分!

 

落ち込んだほうの運気が下がるのであって、

こちらが落ち込むキッカケを発した人の運気が落ちるのではないんですよね。

 

そのことを、お客様とお話しているうちに、

本当にそうね、アホらし、ってことになり。

 

怒るのも、笑うのも、自由ですが、

テンションや運気まで自ら下げてしまうのは、

本当にアホらしいです。

 

理不尽でも、いやなことでも、

それでも楽しく生きていけるかって、

神様はいつも見ているのだと思います。

 

そうしてるうちに、嫌な相手は消えていくし、

自然とご縁が薄くなっていく。

 

それでもテンションがどうしても上がってこない時は。

「今から上がるために、思いっきり沈んでバウンドつけているのだ!」

って思ってもいいかも(^^)

 

とにかく、振り回される必要はないということ。

 

人間なんだから、

波があって普通だし、それが自然だと思うし。

 

何があっても大丈夫って、そういうことだと思うし、

自分で自分に責任を持つということも、そういうことかなって思ってます。

 

f:id:vivayumiko:20170328140338j:plain