読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

心配の言葉を発する前に・・・

お客様との会話は、色々な話題で盛り上がります。

自分の健康面で気になることはもちろんのこと、

家庭のことが話題になったり、

周囲との人間関係が話題になったり。

 

 

特に、身内に対しては、本当に試練というか。

大切な身内や、親しい友人が、重い病に倒れてしまった時、

身内としてどういう選択をしたら良いのか、

という部分では、絶対な正解がないし、深刻になってきます。

 

ハタから見ている立場としては、

「もっとこうしたほうが元気になるのに」って気持ちになることもあるし、

「もっと良い治療法があるんじゃないの」って思うこともあるでしょう。

 

でも、ご本人様の立場からしてみたら、

自分が取り組んでいる治療法や健康法を否定されたら、

周囲に心を閉ざしたくなっても不思議ではありません。

 

特に、心優しい人の場合は、

自分に合ってる治療かどうかよりも、

周囲の心配を鎮めたくて、周囲が安心するための治療法を選ぶ方もいらっしゃる。

 

自分に合ってる治療かどうかよりも、

お世話になってる●●さんのオススメの先生だから、

その先生のお世話になること以外は考えていませんという方もいらっしゃる。

 

いろんな情報があちこちに転がっているから、

いろんなことがこんがらかってパニックになってしまう人もいらっしゃる。

 

f:id:vivayumiko:20170423144208j:plain

 

最近、お客様と言霊のお話になったことがありました。

 

言葉には魂が宿ってる。

だから、発した言葉がそのまま現実になっていく。

 

例えば、わたしがお世話になってる眼科の先生は、

どんなに症状がおかしなことになっても、病名をなかなか言いません。

 

そのかわり、どうすれば回復していくのか、

日常で出来ることのアドバイスを沢山くださいます。

 

そのアドバイスの内容は、すべて簡単なことばかりです。

 

実践するかしないかの違いだけ。

 

患者さんの立場からしてみたら、

きちんとした病名を知りたい、

そして、どんな薬が必要なのか知りたい、が先なのかもしれません。

 

でも、この先生と何年も関わってきて、

わたしも次第に色々とシンプルになってきました。

 

体調不良なお客様と関わらなければいけなくなった時、

このまま野放しにしていたら、こうなっちゃうよ、大変だよ、

今のうちにケアしようよって関わっていた時期もあったんですが、

そういうふうに関わることを、この1~2年、やめたんです。

 

このまま何も変えずに過ごしていたら、病気になってもおかしくない、

という状況であっても、

ご本人様がハッピーに生きているのなら、

まずはそこを尊重しなきゃって思ったからです。

 

それに、自分から誰かに発した言葉は、

自分の自律神経も、その言葉をちゃんと聞こえています。

 

自律神経にとっては、

相手への言葉なのか、自分への言葉なのか、関係ありません。

現実なのか、想像なのかも、関係ありません。

 

ただただ、言霊の通りに、全身調整を営み続けているだけ。

 

だから、いつも心配する人は、心配しただけ自分が参ってしまいます。

 

心配していることのほうがラクで、

そのほうが幸せなら、

心配される側も軽く受け流してると思うので、

そこには何も発生しないと思いますが、

 

心配、心配、心配で夜も眠れません!って悩んでいるとしたら、

そのうち自分のほうが病気になってしまったりして、

いつまでたっても落ち着かないスパイラルに入ってしまいます。

 

わたしが、外で食事をする時、

ゴシップ好きな方とは一緒に食事をしないのも似たような理由です。

わざわざ毒を浴びる必要はないと思うからです。

 

心配はしてもいいと思います。

でも、言葉をかける時は最善の注意を払って、

言葉は気を付けたいなって、、、すごく思ってます。

 

緊張を強いられる場面や、

苦手なことに直面している時などもそう。

良い意味で開き直れた時、思わぬ力を発揮出来る時がありますが、

それも同じことなんでしょうね。

 

大切な身内が大変な状況に置かれたら、

わたしも心配で眠れない状況になるんですが、

それでも、心配を言葉に発する前に、

相手の人生をもっと信じよう。

 

自分の心配は自分のもの。

相手の人生は相手のもの。

 

信じている前提で関われるように、

もっと自分の心も大きく在りたいと思ってます。

 

f:id:vivayumiko:20170423144231j:plain

 

そんなことをお客様とお話しながら・・・

親切心からの余計なお世話をしたくなった時は、

自分の心をよーーーーく振り返ったほうがいいよねって意見が一致。

 

4月もあっという間に終わってしまいそうです・・・!!!