セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

ユミコサロン富士山チーム、ありがとうございました!

前回の記事の続きです。

 

f:id:vivayumiko:20170523110904j:plain

 

ユミコサロン富士山チームは、わたしも含め素人の集まりなので、

裏方には2人の友人に助けて頂いています。

 

そのうちの一人、

登山部のシェフ(?)M氏からの差し入れと手作りで、

ホットサンドをご馳走になりました!

 

f:id:vivayumiko:20170523110854j:plain

 

材料はすべて、コンビニで仕入れました。

チーズとハムとポテトの入った最高のご馳走でした!

 

もぐもぐと食べながら、思わずヒトコト、

「コンビニの食材が一番安心出来るよねぇ♪」と、わたし。

 

これは普段の会話では誤解を招く言葉かもしれませんが、

山においては、共感の嵐だったりします。

 

ずっと外を歩くので、すぐに傷むものは持っていけない。

かといって、ボソボソの栄養バーだけでは幸せ度は高くならない。

 

お天気は良くても、標高がそれなりに高い場所なので風は冷たいんです。

温かいものを一口食べれるだけでも、本当にありがたいから。

 

何かあっても日持ちする食材を持っているだけで安心なんです。

添加物や防腐剤に助けられてることって、いっぱいあるんですよ。

 

f:id:vivayumiko:20170523111354j:plain

 

写真には撮りませんでしたが、わたしはキャベツの千切りを持参♪

そこに出雲の神塩をふりかけて、キャベツサラダを作りました。

 

塩だけで食べるキャベツも最高のご馳走に♪

 

マダム達からは、ハッカ飴や手作りリンゴケーキなども頂き、

テーブルには小さなランチョンマットをひいて、

ちょっとした山ランチパーティとなりました。

 

f:id:vivayumiko:20170523115840j:plain

 

そして、一番後ろを歩いてくれたもうひとりの友人は、

いつもわたしの山写真を撮ってくれてるトレーナーです。

仕事の合間に現場から駆けつけてくれたから、ここでの写真は控えますが、

ユミコサロンの皆様ご存じの、ド太陽スマイルの、あの先生です。

 

今回も、マダム達が安心して歩けるように、

道に迷うことのないよう、

配慮の上に配慮を重ねてくださり、本当に感謝でいっぱいです。

 

傾斜のゆるやかな道とはいえ、

高度が高い場所というだけで消費するエネルギーが大きいんです。

喉が渇いてないからといって、そのまま歩いていると、

気付いた時にはちょっと手遅れだったーーーってことも度々あるお話。

足が攣るのも避けなくてはいけません。

 

事前に、水分を補給しておくタイミングを、

ちゃんと出来てると、無駄に体力を落とすこともないので。(個人差あります)

 

いつも、自分のために歩いていた山でしたが、

今回わたしも、誰かに喜んで頂くためにあらゆる配慮をしながら一緒に歩く、

という経験をさせてもらったことで、

 

いつもトレーナーがわたしに対して気を配っていたことの、

ほんの一部だけでも体験させてもらった感じがして、

なんともいえない幸せ感が余韻として残った山歩きでした。

 

やっぱり誰かに喜んで頂くことって、

結果としてパワーを頂くのはこちらのほうだ。

 

本当にありがとうございました。

 

f:id:vivayumiko:20170523111737j:plain

 

帰りは、みんなで御殿場口5合目に移動して、

富士山の姿を見てから帰ってきました。

 

f:id:vivayumiko:20170523112702j:plain

 

5合目から上を目指す道は何もなくてひたすら長いです。

でも、この何もなさを楽しめるのも、

5合目からの下の登山道を、今まであちこち歩いてきて、

自分の中で地図が繋がってる喜びが支えになってる気もします。

 

今年の登頂も楽しみに・・

 

本当にありがとうございました!