セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

塩と豚肉だけのベーコン♪

お客様からの頂き物なんですが、

とっても感動した一品。

 

塩と豚肉だけのベーコン♪

 

f:id:vivayumiko:20170527141729j:plain

 

原材料が、豚肉と塩だけ!!!

 

ベーコンもハムもわりと好きですが、

原材料に必ず使われている、香辛料。

それさえなければ~っていつも思っていたんですが、

それがあるから保存も可能なのだと思っていたので、

多少の香辛料は仕方ないと思っていました。

 

でも、お客様が見つけてくださったんです。

 

香辛料を使ってないベーコンがありましたー!!!と、ご連絡を頂いて、

届けてくださったんです。

 

f:id:vivayumiko:20170527142015j:plain

 

さっそく、野菜と一緒に頂きましたが、

まさにベーコンの味。

それ以外の味はありません♪

もう他のベーコンは食べれない・・・(笑)

 

f:id:vivayumiko:20170527142053j:plain

 

時々、外食に行くときに

何か一品オーダーしながら、

「コショウや生姜は使わないで作って頂けますか」とお願いする事があります。

 

それを対応してくださるお店は、本当にありがたいと思うし、

先日もこんなことがありました。

 

「さっき来ていたお客様も

コショウを使わずに作ってほしいって頼まれたんですが、

コショウを使わないことで何かあるんですか?」って

逆に質問されてしまいました。

 

わたしひとりの食事の場ではなかったので、

この件に関して、そのときは長話は避けなきゃいけなかったので、

わたしの場合はアレルギーということにしておいて(全くそんなことないのですが)

その場を乗り切りましたが、

 

なるほどね~、

コショウ抜きでお願いする人は他にもいらっしゃったのね。と、

なんだか嬉しくなりました。

 

生姜もそうなんですが、

生姜を摂取することで、ポカポカになって気持ちいい人と、

逆にスースー冷えてしまう方がいらっしゃいます。

 

こればっかりは体質なので仕方ありません。

 

冷え性対策として、

生姜の入ったものを毎日使ったり食べたりする人も多いですが、

それで冷え性は治ったのか聞いてみると、治ってないので(笑)、

じゃ、治らないのにどうして食べ続けているの?って聞いてみると、

ふと我に返ったような顔になり、

試しに生姜をやめてみたら、足先がポカポカするようになりました、

という体験談もいくつもあり。

 

生姜やニンニクなどの香辛料は、

体内の熱を増やすというよりも、移動させる感じが近いかなって思います。

 

この図のように、

 

f:id:vivayumiko:20170527142807j:plain

 

香辛料が蓄積していくと、

末端にある血流も内臓に移動してしまうので、

体は温かくなるんですけど、

足だけが冷たくなってしまいました、という感じに。

 

お腹の熱が少ない人にとっては、これでもちょうどいいかもしれませんが、

お腹の熱が高い人にとっては、これでは逆効果になってしまい、

体は熱いわ、冷えは治らないわ、どうしたらいいですか状態になってしまいます。

 

そうなると、冷たいものが欲しくなるので飲んでみると、

内臓の気温差が激しい状態になってしまい、

体温調節を担当している自律神経も大きく緊張してしまいます。

 

自律神経の緊張から来る肩こりは、肩モミで治るものではありません。

 

それがね。

香辛料をできるだけ使わない食生活をしていると、

内臓の温度も、筋肉の可動域も、その時の自分のベストな状態を保ちやすくなり、

わけわかんないような体の怠さはなくなってゆきます。

 

何しても治らない腰痛の方も、何しても治らない肩こりの方も、

食べ物や調理の方法を変えていくだけで随分改善されるので、

自分の体質を知ることと、

自分に合う食べ方を知ることは、

ものすごーく大事なこと。

 

世の中には、「体に良いもの」がいっぱいあります(^^)

その上で「自分に良いもの」もいっぱい見つけていけるよう、

物が溢れているからこそ、観察は大事ですね・・・♪