セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

体に合わせて選ぶ。すごく大事なことだと思ってます。

お客様への施術中、、、

筋肉の疲労とは別に、もうひとつの疲労を感じたので、

それとなく伝えてみました。

 

「なんか、体に合ってないものを食べてる感じが伝わってくるのだけれど、、」

 

「えーーーー。何でしょうか?」

 

「おそらく、日々継続的に美味しく食べてるものだと思うんですよねぇ。」

 

「パンかなぁ。ご飯かなぁ。」

 

そんなやりとりをしばらく繰り返していました。

 

f:id:vivayumiko:20170528135201j:plain

 

体に合ってるか合ってないかは、

美味しさを感じる味覚とはまったく別次元のものです。

 

美味しさを追求したお料理に囲まれて、幸せに食べることも好きですが、

体が重たい時は、美味しさよりも体がラクなほうを選びたい。

 

でもこれは、

人によっては、

 

「体に合ってるものであれば、美味しく感じるんじゃないですか?」

 

というお話になったりもする。

 

美味しいものが、それだけ世の中に溢れていることなんだと思います。

 

やめられない止まらない美味しさだったり、

突き抜けた美味しさだったり、

わざわざ大量に食べたくなるような味付けにされていたり。

 

美味しくないものを食べようというお話ではなくて、

味覚とは別にして、体はどうなの?ってことを観察出来るようになれば、

 

パンがいいとか、ご飯がいいとか、

そういうお話にはならないのですけれど(^^ゞ

 

体が良い時は、合う物が美味しいですが、

体が不調な時は、ますます不調になるものが美味しい。

味覚は、良いも悪いも順応して変化するものです。

 

 

ご飯もね。

わたしは、お米を毎食食べることは出来ません。

じゃ、パンがいいの?って聞かれますが、そういうことでもありません。

 

お米が嫌いなの?って聞かれますが、そうじゃないんです。

味覚でいうなら、お米は美味しくて大好きです。

 

でもね、昔ほど食べなくなりました。

味覚じゃなくて、体の都合で遠慮することが増えました。

 

今のお米って、炊き上がりがふっくらするものが多くて、

水分がたっぷりと含まれていたりして、

消化過程の中で、重たさを感じるもののほうが多いなって思ってるんです。

 

ただでさえ、限りある時間を工夫して過ごしているので、

消化過程で重たさを味わうようなエネルギーの無駄遣いをしたくないので、

お米も、いろんな商品がありますから、

「コシヒカリ」とか「ひとめぼれ」とか、それぞれ本当に体への作用が違うので、

自分で用意して食べる時は、自分に合うお米を食べるようにしています。

 

が、それでも100%って感覚ではないので、

毎食じゃなくてもいいんです。

 

だから、お米由来のお菓子も、

おせんべいとか積極的には食べないほうです。

 

こういうお話、ゆみこさんはまた面倒くさいことを語り始めたーって

思う人もいらっしゃるかもしれません。

 

でも大事なこと。

食事は毎日のことだから。

 

時々、お客様とも話題になるんですよ。

昔のお米って、もっと固かったし、

今みたいに、ふっくらしてなかったですよね?って。

 

環境の変化や、美味しさの追求のために製造過程で色々な変化もあって、

今のお米は昔のお米とはまったく違うものだと感じています。

 

お米アレルギーという症状を持ってる人も、

コシヒカリは食べれないけど、ササニシキなら食べれますという方も多いです。

 

でも昔は、お米アレルギーな人は、いらっしゃらなかったと思う。

 

だからわたしも、

「お米」って、ひとくくりで済ますのではなく、

「どんなお米?」ってことを大事にしてるんです。

 

そうそう、

駅弁で食べるお米は、なんであんなに甘くてツヤツヤしていて、

いつまでもお腹の中に居座っているのでしょう。

なかなか出ていかないのです。

それだけならまだしも、出ていかない間、体からはこんな感じで、

「これじゃなくて、違うものが欲しいのだけど~~~」

 

だから、食後でお腹いっぱいになっていても、

体の感覚的にケジメがついていないので、おさまっていないので、

違うものを(スィーツ含め)何か一口食べておきたい衝動に駆られるわけです。

 

コンビニのおにぎりでは、

わたしはここまでの感覚を味わうことはありません。

 

コンビニね。

わたしの周囲では嫌う方が多いですが、

コンビニのすべてではなくて、これもひとつひとつだと思ってます。

ひとくくりで語れない。

 

添加物がいいとかダメとか、保存料がいいとかダメとかではなくて、

何が入っていようと、自分の体で代謝出来るなら問題なし、

そうじゃないなら天然のものでも問題あり、

と、判断しています。

 

f:id:vivayumiko:20170528135312j:plain

 

最初のお話に戻りますが、

施術中、筋肉に蓄積しているコリをほぐしている間、

コリには、いくつかの種類があることがわかります。

 

筋肉を使いすぎたことによるコリと、

筋肉と使わなすぎのコリと、

食べてるものが合ってないコリと、

霊障のコリと、

全部、違うんです。

触っていると、わかるんです。

 

だから、少しばかり施術のアプローチ法も変わります。

 

オイルやクリームを選ぶ時も同じ理由です。

合ってるものを使ってほしいから。

合ってないものを使ってほしくないからなんです。

 

皮膚にトラブルが出ない限り、

合ってるか合ってないかなんてわかりにくいかもしれませんが、

合ってるものを使うと、体も軽く、ほぐれやすくなるんです。

 

逆に体に合ってないものを使ってほぐした場合、

せっかくコリをほぐしても、

合ってない成分が蓄積してしまい、それが再び老廃物になってゆく。

 

体に合わせて選ぶ。

すごく大事なことだと思っています。