セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

小さなカラマツ

富士山の樹林限界地帯では、

自分の膝くらいまでしかない背丈の植物がいっぱいです。

 

カラマツも、お人形さんみたいで可愛いんです。

 

今回、歩いてる途中でポツンと目立ってたカラマツさんは、

強風に耐え続けてたためか、途中からひねくれて生えていて、

その姿がなんだかとても可愛くて、思わず立ち止まってしまいました。

 

f:id:vivayumiko:20170630140844j:plain

 

ここは富士宮ルートの近くです。

下山途中に寄り道しました。

このまままっすぐ進んでいくと、

5合目レストハウスに到着するという秘密のルートを

案内してくださった方がいたんです。

 

この日は、久しぶりに頂上にも行きました。

山頂の神社がオープンしたらもう一度行くつもりですが、

登頂のことはまた後で。

 

やはり、頂上よりも生命のある場所が好き。

 

f:id:vivayumiko:20170630141343j:plain

 

標高2400という環境でも、ちゃんと生きてるんだよね。

土なんかなくて、栄養もなくても、

岩に根づいて生きているんだもん。

 

この花、なんていう名前だったかな。

聞いたけど、忘れてしまいました。

 

f:id:vivayumiko:20170630141506j:plain

 

それに、この雑草みたいな植物(↓)にもびっくりしました。

 

f:id:vivayumiko:20170630141618j:plain

 

外見はとても小さくて細いのに、

根はかなり力強くて、蜘蛛の足のように沢山あり、

土を支えるような姿勢で生えているそうなのです。

 

あちこちに沢山ありますが、

富士山の形が崩れないように、頑張ってくれてるのかなぁ。

 

富士山という山というひとつのボディの中で、

岩も、植物も、薄い空気も、すべてが、

バランスの中で支え合ってるのだと思いました。

 

地球に置き換えてもきっと同じなんでしょうね。

どこかの国が何かおかしなことになっていたら、

全部に影響があって不思議じゃないと思いました。

 

ひとりひとりの人生も、

全体の一部として考えたら、きっと同じなんだろうな・・・☆