セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

タスマニアンラベンダーの香りに癒されてます。

現在、施術ルームで大好評のヒマラヤンオーガニックの精油。

 

f:id:vivayumiko:20170520212256j:plain

 

実は、他の精油を知ってるお客様ほど、

ヒマラヤンオーガニックの精油を喜んで頂いてるんです。

ネパールで育った植物から作られた精油の野生感に感動してくださって。

 

施術に使用する時は、

量だけじゃなく、香りの加減もすごく大事。

 

そこで、今回はタスマニアンラベンダーも仕入れてみました。

 

体調に応じて、ラベンダーと合わせて使いたい時、 

厳重に管理されて育った植物から製造されたピュアなラベンダーでは、

力強く自生してきた野生の植物から作られたネパール産の精油と合わせると、

微妙に、ちょっとだけ、わたしの中で違和感を残していたのです。

 

そこで、タスマニアンラベンダーのことを思い出し、

すぐに注文しまして、

先日やっとエアメール便で届きました!

 

ずっとずっと昔に使っていたことがあったんですが、

人気があるのは、一般的なラベンダーのほうだったので、

そのうち施術ルームでも使わなくなっちゃったんですよねぇ・・・

 

でも。

ヒマラヤンオーガニック精油を気に入ってくださる方には、

やはり大好評でした!

 

f:id:vivayumiko:20170702204615j:plain

 

数あるラベンダー精油の中でも、

タスマニアンラベンダーは最高の香りと言われています。

 

水と空気が世界一美しいと言われているタスマニア。

写真でしか景色を見たことないけど、

本当に美しい島です。

しかもハートの形をしているし。

 

稜線の地勢からは、

かつて南極大陸と繋がっていたのではと言われているそうです。

 

産地が違うだけで、こんなに香りも変わるんですか?と驚かれます。

 

産地が違うということは、

環境も違うので、

ラベンダー精油に含まれる成分も少し変わってきますので、

心や体への作用も、少し違ってきます。

 

が、

 

どう違ってくるのかは、使ってみて初めてわかることで、

その違いも、体の反応も、みんなそれぞれ違うんです。

 

今回は、タスマニアとニュージーランドですが、

もうすぐオーストラリアも届く予定です。

 

常備する精油の種類を減らした分、

あちこちの産地で揃えてみるのも面白いかなって思ってます。

 

海外ばかりですが。

 

わたし自身、国産だから安心という考えは持っていなくて、

(日本は大好きですよ!)

ふだんは、日本人というよりも、地球人という気持ちで生きています。

 

それに、ネパールに行ったことのあるお客様が仰ってた言葉で、

とても印象的だったのが、

 

「汚染される前の地球ってこういう空気だったのかなぁ。

っていう空気だったんです、ネパールの空気って。」

 

ネパール産の精油の香りを嗅ぎながら、

その時のことを思い出されながら語ってくださって。。。

 

空気の違いってありますよね。

 

日本は、

電磁波や農薬も世界でトップレベルと言われています。

 

でもわたしは、日本が大好きです。

だから、日本の良さも大事にしたいと思ってます。

 

その上で、世界にも良いものがいっぱいあるから、

あまりこだわらず、ゆったりとアンテナを立てています・・・♪