セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

バスマティライス♪

最近、施術ルームでも話題になることの多い、

バスマティライス。

パサっとしてて、好みです。

 

f:id:vivayumiko:20170707010129j:image

 

細くて水分も少ないから、

お箸ですくうときも、

一度の量も少なくて済み、

食べ過ぎずに満足してます^_^

 

f:id:vivayumiko:20170707010311j:image

 

日本のお米も美味しいのいっぱいあるけれど、

体にはしっくりこなくて。

 

特に、もっちりとした炊きたてのご飯がどうしても苦手で(味は好きですが)

わざわざ冷やご飯にして食べるほうが好きで、

 

なぜかって、

そのほうが、自分の体がラクだと感じていたからです。

 

食事してラクかどうかって、

わたしにはとても重要なこと。

味覚よりも大切なこと。

 

忙しい時ほど、すごく大事にしてます、そういうの(^^)

 

決して体力があるほうではないのに、

消化のためだけにどっさりとエネルギーを消耗させてしまうわけにいかないし、

それをやってしまうと、いろいろなところで余裕がなくなってしまうからです。

 

 

施術ルームでも、ここ数年、

「お米を食べないほうが調子いいんです」っていうお客様が

沢山いらっしゃいます。

 

お米の製造過程がどのように変化してきたのか、

詳しいことはわかりませんが、

 

昔のお米は、わたしには、どことなく物足りなさがあって、

漬物でもなんでもいいから、おかず一品欲しいなって感じがあって、

食べたら満足感でいっぱいでした。

 

その一品のありがたみに幸せを感じることもあって。

 

今のお米は、おかずがなくても美味しいくらい

品種改良されてるものが多く。

つい食べ過ぎてしまうくらいの美味しさだったりします。

そのため、満腹になるまで食べてしまう時がありますが、

昔の時代にお米から感じていた満足感は得られていない。

 

だから、脳内では何か違うものを食べ直したい感覚が発生し、

食後のデザートって感じで展開してしまっても不思議じゃない。

 

そんなことをぼんやり考えていたある日、

お米に関する興味深い記事を見つけました。

 

なるほどなと思ったので、リンクしておきます。

 

バスマティライスを食べてみようと思ったのも、

それがキッカケ。

 

低糖質のせいかな、

脳の疲労が通常の白米よりも少ない感覚があります。

 

macrobiotic-daisuki.jp