セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

ユミコサロン富士山チームで宝永山に。

あっという間の毎日ですね。

 

f:id:vivayumiko:20170909135922j:plain

 

少し前に、ユミコサロン富士山チームのマダム達とともに、

富士山の宝永火口を歩いてきました。

 

本当は、2合目から5合目の樹林地帯を歩こうと計画してたんですが、

膝のコンディションがイマイチということで、

(樹林地帯は、デコボコ登山道のため)

急遽、膝に優しいルートに変更することになり。

 

f:id:vivayumiko:20170909140030j:plain

 

さっそく「疲れない歩き方」の実践!

楽しかったな。

 

さきほど、施術ルームにマダムが来てくださってましたが、

会社の階段を8階まで登る時に、

富士山の歩き方で登っていくと、全然きつくなくて、

自然に8階まで到着出来るんです~と、喜んでくださってました。

 

そのまま癖になっていくと、つい、平地を歩く時も、

カロリー消費しない歩き方をやってしまいがちで、

それはとってももったいないので、

筋肉も上手に使い分けしていきましょうねーーーと

盛り上がっていたのでした。

 

f:id:vivayumiko:20170909140244j:plain

 

さて、宝永山を満喫したあとは、

そのまま現地でお開き。

 

いつもお世話になってるトレーナーにマダムの引率をお願いし、

わたしは御殿場ルートの7合4勺にあります山小屋、

「わらじ館」に向かいました。

 

f:id:vivayumiko:20170909140134j:plain

 

この時期、小屋じまいしているところが多く、

「わらじ館」は激混みだったんです。

一日だけでしたが、お手伝いすることになり、行ってきたんですけれど、、、

 

山小屋の仕事って、こんなにいっぱいやることがあるの???

驚きの連続でしたが、驚いてる暇もなく、

目の前のひとつひとつに集中するのみ。

 

まったく何もわからないまま、

周囲の動きを見ながら自分で仕事を見つけ、

わからないことは聞きまくり、

あっという間に夜になり。

 

気付けば、お昼ご飯も食べないまま、

水分摂取も忘れていたので、

はっと気付いたら、軽い頭痛が・・・。

標高の高いところで水分不足は危険ですね、

なんだかんだと3000m超えてる場所です。

水を飲み、深呼吸をし、やがて頭痛も落ち着き、

引き続きお手伝いを楽しんで来ました。

 

宿泊のお客様からは、ルートの相談をされたり、

登頂までにおける質問もたくさん頂いたんですが、

自分が富士山を大好きだから、

登山者さんの気持ちに寄り添えることがすごく嬉しかったんです。

 

メインルートと呼ばれているところは、これまでに全部歩いているし、

バリエーションルートもぼちぼち楽しんできたし、

 

どのルートからお越し頂いたのかお話聞いていると、

どこら辺で一番きつかったのか、リアルにわかるので、

わずかな時間とはいえ、お客様との会話もとても楽しい時間でした。

 

こんなふうに動けたのも、

これまで何度も富士山に連れてきてくださったトレーナーのおかげなので、

感謝でいっぱいになりました。

こんなふうにお手伝いに来れるご縁に繋がるとは思ってなかったし、

自分が楽しく歩いてきただけなのに、

リアルな体験談として人のお役に立てるなんて。

 

そして、なんと、登山部の仲間が山小屋にいらっしゃって!

「ゆみこさん?」声をかけられた時はびっくりでした。

なんという偶然!

びっくりだったし、とても嬉しかったです。

 

f:id:vivayumiko:20170909140341j:plain

 

翌朝は、朝ご飯の支度を手伝って(朝ご飯、美味しいんです♪)

宿泊のお客様が全員出発されてから、

わたしも業務から解放され、山頂に向かってから帰ることにしました。

 

が、登山中、

先に出発したはずの宿泊のお客様に追いついてしまったり、

山頂に着いてからも、宿泊のお客様に声かけられたり。

 

たった一晩でも、お手伝いといっても、

お客様から見たら、わたしはわらじ館のスタッフと同じです。

そう思ったら、気持ちが引き締まりました。

業務から解放されたあとであっても、登山中も、山頂でも、

わらじ館の看板を背負ってることを忘れちゃいけないなって。

登山者にとって、山小屋の存在は、

スタッフ対応も含めて心に残るものだと思うから。

こういう緊張感は好きです。

富士山を今まで以上に身近に感じるようになりました。

 

f:id:vivayumiko:20170909140453j:plain

 

それに、山小屋は消灯時間が過ぎても、

なんだかんだって24時間営業みたいになってしまう。

 

深夜のお客様がやはり耐えないみたいです。

弾丸登山で、力尽きて、ヘロヘロになってしまうんでしょうね。

無計画登山は、自分の命とりにもなるし、

山小屋にお金払って宿泊している方にも大迷惑になりますから、

ご利用は計画的に・・・ね。

 

わたしの顔、眠そうですね(^_^;

 

f:id:vivayumiko:20170909140706j:plain

 

山頂はすでに冬の気温でした。

風が止んでると大丈夫ですが、

ちょっと風が吹くと、体に刺さってきます。

つい2週間前は、昼間になると、だいぶ暖かかったのに。

 

f:id:vivayumiko:20170909141115j:plain

 

この写真は、雲の上のお月様♪

消灯時間少し前に撮りました。

 

この2時間後には、雲海がすべて消え去り、

宝石箱のような夜景が広がっていたそうです。

わたしはその時間はすでに爆睡していたので、

宝石箱を見ることは出来ませんでした。

 

とにかく、貴重な体験をありがとうございました。

また来年、お世話になります。

富士山、いろいろな山小屋がありますが、

「わらじ館」は最高に楽しい山小屋です。

是非、立ち寄ってってくださいね。

ユミコサロン富士山チームも、来年いよいよ3000m超えで

わらじ館にお泊まり予定です・・・♪