セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

先日受けたご相談に対して感じたこと。

先日のお客様との話題は、鬱がテーマでした。

 

ご家族の中に、統合失調症や、鬱症状の方がいらっしゃると、

本当に大変です。

ご本人も苦しいですし、周囲も苦しいです。

 

わたしも、身内に精神疾患が居るので、

どうしても周囲の大変さが、他人事とは思えないんですね。

 

一見まともだったり、

普通に社会人として生活できていても、

ひょんなことで症状が出てしまうと、

本人も自分でコントロール出来ないし、

周囲も振り回されてしまいます。

 

この振り回されが、もう本当に大変。

 

常識的な会話は通用しませんし、

まともに指摘をしても、本人の都合のいいように解釈されて、

論点がどんどんずれていってしまうので、

着地しない会話が延々と続くことになってしまうこともあります。

 

救いようのない人って、こういうことなのかもって、

絶望的な気持ちを味わうこともあります。

 

本人も苦しんでいるのだから、、、、と、

少しでも理解しようとしても、

そんな努力など、あっさりと倒されてしまう日々。

 

疲労も重なってくると限界ですし、

心の底から「死ねばいいのに」って言葉が出てきたりするなど、

(あとから自分の発したその言葉にまた苦しんでしまったり)、

もうとにかく、地獄の連鎖。

 

精神科の治療がうまくいく場合もあれば、

そうじゃない場合もあり、

本当にキリがなくて、終わりも見えない。

 

こういうのは実際に関わって、

体験した人じゃないとわからないことが多いと思うんです。

 

「まずは、あなたが変わらなきゃ。」

「もっと優しくしてあげなきゃ。」

 

そんなふうにアドバイスを頂いても、

到底受け入れられるものではありません。

頭ではわかって、いざ実践しようとしても、

実践途中で心が折れてしまうほど、現場は地獄。

 

先日受けたご相談も、

アドバイスを受け入れられなくて悩んでいるということでした。

 

もしわたしだったら・・・?

 

まずはあなたの身の安全と、健康状態を確保して!と、

真っ先にお伝えしました。

 

 

大事な家族ですからね。

大切な人を守るためには、お金だってかかります。

そのためには、健全な状態で仕事に入れることも大事ですから、

仕事どころじゃないという状況になっているとしたら、

優先順位、ちょっと振り返ってみてほしい。

 

絶対に見捨てないかわりに、

距離は置いて、放置して、こちらはこちらで自立して、

あとはその道のプロにお任せするのがベストだと思うし、

こちらはこちらで頑張る以外にないんじゃないかなぁと。

 

もし、ご本人の中に自覚があり、

回復を望む気持ちがあれば、

要因となっている部分を体から施術する方法もありますし、

わたしもその施術法を学んできた経験があります。

 

が、これは、ご本人の意思がある場合に限って対応が可能なだけであり、

 ご家族の方が無理に連れてきてくださっても難しいものです。

 

また、原因の根っこが、ご家族との関わりにも関係している場合は、

ご本人への施術だけしても、一時的な回避策でしかありません。

 

すでにもう会話が成り立たず、修復が不可能に近い状態であれば、

その道のプロにお願いするのが一番だと思います。

 

何年かかっても出来ないことは出来ないことだった、、、と気付くまで、

膨大に時間かかってしまうこともあるんですが、

時間だけは巻き戻しは出来ないです。

 

ご家族の心労が痛いほど伝わってきて、、、

何か出来ることがあればと思い、

みんなで使えるマッサージオイルをその場で作って、

プレゼントさせて頂きました。

 

共倒れだけは避けてほしいです。

 

f:id:vivayumiko:20170926232717j:plain