セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

オバケとか人の念とか。

人の体に触れる仕事をしていると、

色々な(邪気など含めて)影響を受けることはありませんか?

と、よく聞かれます。

 

わたしは、

人の体に触らなくても、どんな場でも、どんな人とでも、

影響は与え合っていると思ってます。

 

だからこそ、誰と一緒に過ごしているのかってすごく大事なことだし、

もし、自分に負担のかかる人間関係があるとしたら、

それでもその人間関係を続けなければいけない価値は何なのかを考えます。

 

価値など関係なく、

無条件にその負担を受け入れてでも続けていたい関係性もあるでしょうし、

価値などない!と思う関係性もあるでしょうし、

どちらも本音だと思うし、

その後の選択も「自分はどうしたいのか」であって、

相手の問題ではないんですよね。

 

では、わたしの施術中にかかる負担について。

これも同じなんです。

多少の負担を背負ってでも、このお客様のために最善を尽くしたい!

って思える人もいらっしゃいますし、

すみませんが、これ以上うちの施術ルームにお越し頂いても、

お互いに何のお役にも立てそうにないです、という方もいらっしゃいます。

 

施術の負担というよりも、

やはり、「人間関係」なんです。

 

これが対等に承認しあえる関係性の中で行う施術であれば、

負担を受けても、すぐに解消出来るものです。

 

そうじゃない一方通行な関係性の中で行う施術の場合は、

継続を求められても、お断りすることがあります。

 

これ、本当に、お互いのためなんです。

 

f:id:vivayumiko:20171002122247j:plain

 

先日、こんなことがありました。

いつも一定のペースで、3週間おきに施術を受けに来てくださるY様に

お越し頂いた時のこと。

 

Y様と一緒に、誰かもいらっしゃるのです(笑)

目に見える人ではないのですが、男性であることはわかりました。

 

足湯に入りながらY様の近況をきかせて頂いてたんですが、

一体どなた様を連れてきたのかしら???と。。。

でもY様はお元気そうだし。

 

いつもは知らないふりをしてるんですが、

(その理由は、わたしが手出しする範疇ではないと思っているのと、

施術しているうちに勝手に消えていくことも多いからです。)

 

ところが、その時の施術では、なかなかこれがヤッカイで、

施術の邪魔になってきたので、

思い切って、Y様に伝えてみました。

 

「あのね、さっきから加齢臭が漂っていて、

Yさんのカラダから得るはずの情報がその臭いに遮断されてしまってて

うまく施術出来ないんですよ。」

 

「えーーーーー!!!!加齢臭!?」

 

「うん。何か思いあたることはない?

最近出かけた場所、最近関わった人、最近異変を感じたこと、

どんな小さなことでもいいのだけれど。」

 

「焼肉には行ったけどなぁ。。。

えー、なんだろう。。。????」

 

Y様にとっては、何のことだかさっぱりだったと思います。

 

そこで、わたしは

施術ルームをいつも支えてくださってる友人から頂いた「石」を用意して、

施術室の片隅にぶら下げることにしました。

この石は、そういうモノ達を預かってくれる石なのです。

あちこち彷徨ったり、わたしや他の方に被害が広がらないよう、

その石の中で預かってくれるのです。

 

そのまま、ひととおりの施術を終えた後、

光線治療に切り替えました。

 

光線を浴び始めて、

10分くらいしてからでしょうか、、、

 

突然、Y様が叫びました。

「わぁー!おじさんが出てきたー!」

 

Y様の口から、ぬぼ~~~~~っとおじさんが出てきて、

そのままふっと消えてしまったのでした。

 

Y様の体に漂っていた加齢臭もなくなり、

いつものY様の体に戻っていたのでした。

 

わたしはすぐにその場から石も片付けました。

 

このエピソードはとても不思議なことに聞こえるかもしれません。

でも、気付いていないだけで、よくあることなのかもしれません。

それだけ人は影響を与え合っているし、

次元を飛び越えてでも波動が一致してしまうこともよくあるのだと思います。

 

だからこそ、自分を整えることも、

関わる人達のことも、

身を置いてる環境も、

大事なんだと思います。

 

「石」の友人にも、お礼を報告し、

Y様にも状況をお伝えし、

一件落着。

 

この石を、施術室でお客様に見える場所で使ったのは2度目でした。

石にも「意思」があり、

その「意思」によってわたしも守られているのでしょう、

使ってあげたいとこちらが思っても、

使ってあげられないお客様もいらっしゃるのです。

 

見分けているわけではありませんが、

その場になると、それがわかるのです。

 

きょうはなんだかとても変な記事を書いてしまいましたが、

何を書きたいかって、

施術の時の影響受ける受けないのお話から始まってしまいましたが、

 

ただのオバケ(死霊)なら、まぁまぁ放置で大丈夫なことも、

生きてる人間(生き霊)の場合は、もーごめんなさいということです。

 

 

生きてる人間の念はヤッカイです。 

その人間関係の中で解決することが出来ないと難しいです。

 

生きてる人間の念を受けてる時は、

いざって時に、二度手間なことが続いたり、

病気になったり、スムーズにいかない、、足かせ事件が発生しやすいです。

無駄に忙しくなり、

思考も奪われやすく、

考えることも面倒くさくなるくらい、外からの影響に忙しくなります。

それが自分だけならまだしも、

自分の大切な家族やパートナーに影響が及ぶこともあります。

祓おうが、焼こうが、食べようが、

一時的に回避してただけだったのかって感じで、

本質から向き合わない限り、また戻ってきたりするんです。

 

そういう負担を背負いながら、一生を終えるケースもありますので、

健全な関係性を保てないことによる影響は、思いのほか大きい。

様々な人達と関わらせて頂いてて、それは素直に感じています。

 

体は基本で、

すべての入り口。

 

自分の軸をまっすぐに保ち、まっすぐに生きていくことが出来るのも、

体があってこそ。

 

この世界には、いろんな念が普通に存在していますが、

まずは自分自身をしっかりと整えて・・

そのまっすぐさに、守られるのだと思います。

そのまっすぐさに、その念も癒されてゆくのだと思います。

 

 

仕事がうまくいかないと感じたり、

自分のペースで生きてないとか、

集中力が落ちてきたなーとか、忘れっぽいとか続いたら、

どんなに忙しくても、体のリセットを最優先してほしいと思います。

どんなに忙しくても、です。

 

健全な忙しさは幸せだけど、

そうじゃない忙しさは崩壊しますから。。。

 

わたしも、この仕事を通してお客様に守られています。

毎日が恩返し。

 

もうすぐ10月です。

今年もあっという間ですね(^^)

大切に、丁寧に、過ごしてゆきましょう。

 

f:id:vivayumiko:20171002122333j:plain