セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

離島キッチンにて打ち上げとミーティング。

チベット体操講座を終えた後は神楽坂にて。

 

善循環CLUBの郷右近丸彦さんと高田裕子さんとともに。

チベット体操のお兄さん先生を囲って、

離島キッチンというお店で打ち上げをして頂きました。

 

f:id:vivayumiko:20171219182402j:image

 

離島キッチンとは。

日本各地にある離れ島にスポットをあてて、

その島の名物の食材だけでお料理を出してくれるお店だったんです。

 

店内には木がいっぱいあり・・

室内なのに、野外感\(^^@)/

 

入ってすぐに、一目で気に入りました。

 

そして、驚いたのは。

毎月、島が変わるそうですが、

今回は、佐渡島特集でした。

 

席につくと、4枚の封筒をお店のスタッフさんから手渡されました。

ひとり一通ずつ。

 

なんと。

食材を提供してくれてる生産者さんから、

わたしたちへのお手紙だったんです。

 

どんな方が作ってらっしゃるのか、

写真も入っていました。

 

もちろん、食事を終えた後、

わたしたちがその生産者さんへ直接お返事を届けることも可能で。

そのようなアンケートも入っていました。

 

素晴らしいアイディアにビックリでしたし、

どこの何を食べてるのかを、ちゃんとわかって食べるというのは、

ありがたみも増します。

 

牡蠣フライなんかもね。

値段じゃないです。

牡蠣を採ってくるって、その作業、すごいことですもの。

わたしが海に行って自分でひとりで出来ることではありませんから。

 

噛みながら、生産者さんの顔が浮かび・・・

 

ありがたい夜でした。

 

打ち上げでは、色々なお話をしました。

どんどんシンプルに、話題は縄文時代にまで遡り。。。

 

一年を通して、合計3回にわたって、

チベット体操の講座を企画してくださった善循環CLUBさんには、

本当に感謝でいっぱいです。

 

わたしもイベント企画をしたことがありますが、

楽しいだけでは継続は出来ないものです。

会場を決めることも、

ご案内することも、

人を集めることも、

その後のフォローをすることも、

イベントってその日だけのことではないんですよね。

準備でおおかた決まってしまうし、

本番の後は、お客様へのその後のフォローも大切になります。

長丁場なお仕事になります。

 

だから、本当に情熱を持てることじゃないと出来ることじゃないし、

直前のドタキャンなどは、正直かなりのご迷惑なわけで、

本当に大変だったと思います。

 

それでも、続けてくださったのは、

善循環CLUBさんの志のおかげです。

 

悪循環に苦しんでいる世の中を、なんとか善循環に変えたいという想い。

 

真の健康は、

食べ物を変えて、

食べ方を変えて、

よく噛んで、

少しの運動をして、

病気にならない心と体を得ることが出来れば、

世の中の経済だってもっと活発になっていくはずです。

 

お金をかけなくても出来ることは、いっぱいあります。

 

本当のことを伝えていくために、

そのひとつとして、チベット体操を取り入れてくださり、

わたしもお手伝いスタッフとして混ぜて頂けて、

本当に感謝でいっぱいです。

 

お店で食事を終えたあとは、

お店からお土産を頂きました。

 

奥尻島のお水をひとつ頂きました。

 

何から何まで最高のおもてなしに、また感激し・・・

神楽坂もまたゆっくり歩きたいと思っているので、

離島キッチンさんにもまた是非お邪魔させて頂きたいと思ってます。

 

素晴らしい一日でした。

ありがとうございました!