コンクリートストレス。

長らくお世話になった自宅兼事務所ですが、

ボディの研究用にトレーニングルームも作ってしまおう!と思って、

色々と材料を揃えていたのですが。

 

思うことも色々あり、予定を変更し、

来年早々、引き払う準備を進めることにしました。

 

東にも

南にも

西にも

全方角に窓があり、

一日中、大陽の光が入ってくる明るい部屋で気に入っていたのですが。

 

天井ぎりぎりまで伸びている大きな窓だったので、

満月の夜は、

カーテンをあけるとお月様見ながら寝っ転がることが出来て、

気分も良かったのですが。

 

引き払う理由は、たった一つ。

 

鉄筋の建物が体に合わないことがわかったから。

 

施術ルームは木造なので、

使い分けているうちに、ハッキリとわかってしまったから。

 

調べているうちに、

コンクリートストレスという言葉が存在することを知りました。

 

ねずみの実験でも、

コンクリートの巣箱と、木の巣箱を並べて、

どっちに行くかを実験してみると、

みんな木の巣箱のほうに入るそう。

 

また、

コンクリートの巣箱で育てたねずみと、

木の巣箱で育てたねずみでは、

寿命に7年くらいの差が出たそうです。

 

これ、わたしも自分の身を以て実感しました。

 

じわりじわりと、

コンクリートに熱を奪われる感覚、水を奪われる感覚。

気付けば自分のカラダが冷えやすく乾きやすくなっています。

役場や学校、デパートなどでもそういうのを感じますが、

いつのまにか体がとっても乾燥してしまう。

 

コンクリートの壁が、

そのままインテリアのようにデザインされてる物件なども

いま増えてきてますよね。

スタイリッシュっていうのかなぁ。

地震にも強くて安心!とも言われています。

さらに安全のためのオール電化も増えてますよね。

 

便利&安全と引き替えになっているのは、健康な体でした。

 

空気は綺麗なんです。

クリーンな感じがいつもありました。

 

でも・・・

浄水器の水のような空気。澄み過ぎてるくらい綺麗な。

その水には、ミネラルも何もない。

綺麗なんだけど何もない。空っぽの空気。

 

わたしの体は、すっかり木が恋しくなっていました。

 

施術ルームに居る時のような柔らかい空気が、

鉄筋の部屋の中では味わえてなかったんですね。

 

施術ルーム(木造)では、暖房を消したあともしばらく暖かいです。

自宅事務所(鉄筋)では、暖房を消すとあっという間に冷えてゆきます。

 

暖房だけじゃないんです。

お風呂上がりの体の温かさも違うんですね。

 

これも、ずっとそこで生活してたらわからなかったかもしれません。

使い分けていたからこそ気付けたことでした。

 

マンション買いませんかっていうお誘いもよく頂くんですが、

確かに買ったほうがお得なこともいっぱいありますよね。

迷ってましたが、迷いが吹っ切れました。

わたしは木造物件以外に興味ありません、

ってことがわかっただけでホッとしました。

買うなら一軒家かなぁ。

でも、あちこち自由に好きな場所に移動したいから、

持ち家はこれからも考えないだろうなぁ。

 

とにかく、人間は自然から離れたら、

体のリズムも少しずつずれていくと思いました。

 

鉄筋の部屋から木造物件に引っ越ししただけで、

アレルギーが出なくなりましたというお客様もいらっしゃいます。

環境の影響って大きいですね。

 

お湯もそう。

電気で沸かしたお湯よりも、

火で沸かしたお湯のほうが生きているのを感じます。

 

引き払う準備のため、現在バタバタしていますが、

気持ちはとてもすっきりしています。

来年の春分以降に持ち越したくないものを、

これから3ヶ月間かけて、捨てるなり差し上げるなり整理整頓が続きます。

 

しかし。

さっぱり山練習に行けてません。

登山らしいことしたのって、9月4日で終わっています。

なんやかんやと、自由時間を作れないまま12月末になってしまいました。

 

もうひとがんばりです☆

 

f:id:vivayumiko:20171226223921j:image