セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

お砂糖みりん使いません。カボチャを煮ました♪

ほうれん草に匹敵するほどのカロテンを持つカボチャ♪

冬至のために買ったけど、

冬至どころではないスピードで過ぎ去ってしまったため、

少し遅れての大盛りカボチャ。

 

f:id:vivayumiko:20171228140752j:image

 

わたしが作ったので、

お砂糖やみりんなど、甘いものは一切使わずに作りました(╹◡╹)

 

(甘いものが欲しい時は、コテっと甘いものを普通に食べます。

その分、日頃の食事ではものすごく質素に作ります。)

 

カボチャって、

ぼっそぼそに煮たやつと、

びちゃびちゃっと煮たやつでは、

体への作用がまったく違うんですよね。

 

栄養素は変わらなくても、作用が変わる。

 

同じ化粧品を使って、

その効果が人それぞれ違うのと同じこと。

 

体内を循環している熱量と水量がどの程度かによって、

びちゃびちゃカボチャが好きな人と、

ぼそぼそカボチャが好きな人がいるので、

どちらを選んでも大正解。

 

どんな野菜がいいですか?と時々聞かれますが、

これだけでは好きなものを食べたらいいんじゃない?

としか答えられない。

 

そうではなく、

「カボチャを食べようと思うんですが、

どのような調理法が今いちばん合ってるか?」

と観察していくことが大事。

自分で調整できるようになると面白いです。

 

今の時代、

同じ野菜でも、その種類は限りなく豊富だから。

臨機応変なバランスもとても大事になってくる。

栄養だけでは語れないことがいっぱいあります♪

 

さっきもお客様とおはなししてたんですけどね。

健康のために、

生活の中で変えなきゃいけないことはいっぱいある、

だけどそれどころじゃない状況でもある、

 

だから、今は完璧なことできなくてもいい、

そのかわり、

この流れの中で出来ることを続けていって、

それができるようになったら、

そのペースからまた立て直していこう。

 

というふうに着地しました。

 

お料理中にできるちょっとした工夫、

お風呂中にできるちょっとしたケア、

起きた時に、朝の支度ついでにできるちょっとした習慣、など、

 

その方にとって大事なことを、

隙間の中に導入しやすい形に変えて提案しているので、

同時にわたしの柔軟性も鍛えられています。

 

おかげさまです☆