セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

大切なことはいつもシンプル。

年齢的なこともありますが、

ここ数年は、身近な人やお世話になった方に先立たれてしまうことも多く。

 

先日の友人との会話。

 

わたし「きっとわたし、死んだらそのへんを彷徨ってると思うから。

死んだことにも気づいてないかも。」

 

友人「大丈夫。その時はわたしが絶対に道に迷わないようにしてあげるから。」

 

わたし「きっとわたし、死んだよって言われても、

何言ってんの、ここで生きてるでしょお?って話が通じないかもよ。」

 

友人「大丈夫。わかるまでちゃんとこっちでなんとかするから。」

 

わたし「本当に?」

 

友人「絶対に守る。そのへん彷徨ってても必ず探し出すから大丈夫。」

 

わたし「じゃ、もしわたしが残されるほうだったらどうなるの?」

 

友人「大丈夫。もしわたしが先に死んだら、

ゆみこさんの番が来た時には迎えに来てあげるから。」

 

こんなふうに言ってくれる友人がいてくれるのは、

本当に心強いです。

 

どんなに仲が良くても、

どんなにいつも一緒にいても、

目の前にいる人も、自分も、いつかは死を迎えます。

 

その時に持っていけるものって何でしょう。

お金は持っていけないし、

洋服も置いていかなければいけない。

 

でも、

どんな気持ちで生きていたのか、

どれだけ周囲と幸せを分かち合っていたのか、

どんな体験をしてきたのか、

記憶は残る。

 

記憶だけは持っていける。

 

また忘れることがあっても、

その記憶が、また次に、

いつかどこかの世界で再会するときの「縁」になるのかもしれません。

 

ずっと助けて頂いた分、

次はわたしももっと役に立てる縁でありたいと思うから、

 

そう思うと、無駄にできる時間など一秒たりともないのであります。

 

・・・・・・・・

 

大寒波の中、きょうもいつも通りお客様に来て頂いて、

いつも通りの仕事と日常が目の前にありました。

 

わたしの体も、いつも通り動くし、

施術が始まると、お客様の体もみるみるほぐれてゆきます。

 

いつも通り・・・

 

このいつも通りを当たり前にしないで、

心の内では、丁寧に、ありがたいこととして味わってゆきたいと、

最近すごく思うんです。

 

いつも通り、生かされているんだなってことを。

 

自由に生きているようでいて、

自由に過ごせるように生かされているんだなってことを。

 

ほんと、人の寿命はわからないから。

 

一日も一生も同じですもんね。

 

各地の雪がすごいことになっていますね。

みなさま、あたたかくお過ごしください☆

 

f:id:vivayumiko:20180124184643j:plain