山トレーニングに行きましょう、わたし。

慌ただしく毎日が過ぎてゆきますね。

友人が綺麗な富士山の写真を送ってくれました。

 

f:id:vivayumiko:20180210180435j:plain

 

こうして見ていると、

御殿場ルートは完璧に真っ白!!

 

3年前の12月に、(御殿場ルートの)雪のないところを歩いた時、

大砂走りの砂はカリカリに固まっていて、

下山の調子が狂ったのを今でも覚えています。

 

富士山の砂の上を歩く時、ふわっとした感触は夏だけのものでした。

 

地上よりも遥かに寒いのだから当たり前か。

膝への打撃が凄かったわけですが、

白い季節は、どんな感触なんでしょう。

カリカリの氷は怖いです。

 

訓練登山の方は、年中出入りしているかと思いますが、

わたしが次に行けるのは、4月頃かなぁ。楽しみです。

 

f:id:vivayumiko:20180210180449j:image

 

なんか、巨大なUFOが近づいてきてるみたいな写真。

 

富士山の周辺って、こういう雲、時々現れますよね。

 

自然現象的にちゃんと説明のつく雲だと思いますが、

脳内メルヘン物質がいつも刺激されてるわたしにとって

この雲はUFOにしか見えません・・・♪

 

f:id:vivayumiko:20180210180442j:plain

 

頂上に着地する予定でしょうか。

 

いつだったかの初夢で富士山が出てきた時も、

山頂にはUFOが着地していたのでした。

 

UFOの中に入ると、別次元と繋がる階段がその中にあって、

入ってみたら、頂上には海が広がる風景が広がっていたことがあり。

 

びっくりして階段を降りたら、

呼び止められて、

誰かから、何か包みを預かったんですけどね。

それが何なのかは覚えていません。夢だったし。

 

ぼちぼち、山トレーニングに行きたいです。

 

行く暇ないです(T_T)

 

これが終わるまで、

あれが終わるまで、、、

 

そうだね、

今はこれが大事だからねと、

何かにつけて自分で自分を納得させていましたが、

 

落ち着くまで、、

もうひとがんばり、、

 

そう思って、、

 

山は逃げないから、、、

いつでも行けるから、、、

 

、、、、。

 

いえ、

行けないです。

 

山は逃げないけど、

時間と機会は戻ってきません。

 

なんとかします!

 

納得させればさせるほど、エネルギーは小さくなってしまうんです。

でも、山を歩く時は、エネルギー量が必要なんです。

 

行きたい!って気持ちが確かにあったはずなのに、

それを違う形にして、納得してしまっては、

せっかく発生したエネルギー(情熱とか生きる欲とかに通じる)が、

しゅーーーーーんって消えてしまう。

 

何のためにも誰のためにもならない。

 

山トレーニング!

行きましょう!!!!!

 

わたしからわたしへの喝入れです。