千年ノート、奥が深いです。

今週は、

千年ノート体験会に参加された方々のご予約が続いていました。

 

話題はやっぱりこれになる。

「ゆみこさん、ノート作ってます?」

 

作ってますよぉ~♪

 

あまり、ハイペースじゃありませんが、

切り貼りも、だいたい真夜中にやってますので、

作ってる最中は時間を忘れてしまうくらい楽しい作業です。

 

お恥ずかしいですが、ノートの一部をこちらに紹介しますと。

 

f:id:vivayumiko:20180223113113j:plain

 

この写真は、2016年の夏に

皇居勤労奉仕仲間のYさんと一緒に愛知県民の森に行った時のもの。

いつも一緒に富士山を歩いてくれるトレーナーも一緒でしたが、

このメンバーで、まさかその一年後に、

面白いプロジェクトが始まるなんて思ってもいなかった時。

(プロジェクトに関しては現在進行中でして、

今年の夏至の頃には公開出来ると思います。)

 

楽しく笑って過ごしながら、

良いアイディアに恵まれて、

面白い仕事が生まれて、、、

 

人って、どこでどう繋がっていくかわからないです。

 

だから、面白かった事や楽しかったことは、

ノートの中にも残しておこうと決めています。

 

それから。

 

プリントして、切って、貼る。

この手間が、教えてくれてることは・・・

手間かかるだけに、貼りたくないものは貼らないので、

自分の状態がノートの中で見えてくるんですよね。

 

実は、わたしは、

足モミを本業としていながら、

千年ノートの中には、足モミに関してはただの一つも登場していない。

 

とっても大切にしてることなのに、登場していないのです。

 

そこで、ちょっと自分の状態を振り返ってみました。

足モミの素晴らしさについて熱く熱く語っていた頃と、今の自分と、

どう違うのでしょう?って。

 

何度も何度も練習し、知識も増えて、自分も磨かれて、

ものすごく集中していた時期ももちろんありました。

 

でも、今はそこじゃないんだなってことがわかってきました。

 

やってることは変わらなくても、

ステージが変化しているといったらいいのかな。

 

ただただ、がむしゃらに技術を磨いていた時期から、

本当にお客様に喜んで頂いてるのだろうか?と問い続け、

自分にとって足モミって何なのだろう?と問い続け、

仕事とは何なのか、

サービスとは何なのか、

仕事の価値観がはっきりしてきた時期があったんですが、

その頃から、熱く語ることを自然にやめていった時期があります。

 

そして、その頃から、

お客様がとても増え始めた。

 

仕事でも、仕事じゃなくても、

日常の中で、普通に足モミが生かされてる状態にあり、

練習!とか、

学ぼう!とか。

そういう意気込みとはちょっと違う、

 

ビセキ化粧品の販売をしていても、

山登りをしていても、

みんなで遊んでいる時も、

足モミは、いつもわたしとともにセットで存在している状態なので、

仕事って人生そのものなんだなって一致してきた時期があったんです。

 

今ではあまりにも自然すぎて、

足モミの素晴らしさを語ることもしなくなっていました。

 

だからといって、自分が何も勉強していないとかではないですよ。

自分のために行う基礎練習(足モミ)は、欠かせません。

そしていつも思うんですが、

自分のカラダで実験したり体験したことは、

それを必要とするお客様が、必ず現れてくださるのです。

だから、基礎練習は20年過ぎても欠かせないのです。

ただ、熱く語ることがなくなってしまった。

 

f:id:vivayumiko:20180223113200j:plain

 

そういえば、今、

婦人科系トラブルで通院されてるお客様の足モミを

サポートしてるんですよ。

 

「自分で出来る足モミ」を

頻繁にLINEでもやりとりしながらサポートしてるんですが、

どんどん良い作用があらわれているんです。

 

患部だけじゃなく、

まず排泄が一番変化しますし、

他の不調まで全体が上がってくるので、

症状を追わなくてもいい、

固いところを見つけたらほぐしておこう、

という習慣でいいんですね。

 

そのかわり痛い。

不調があるときは、ものすごく痛い。

それでもほぐすという習慣の中で、

痛みにも段階があることがわかってきます。

 

だから、やっぱり足モミっていいなぁって、

つくづく実感していたんですけれども(^^ゞ

 

でもなぜか千年ノートには書いていない。

 

考えてたら、わかってきました。

 

きっとわたしがノートに残したいのは、

そうやって関わってくださったお客様の笑顔だったり。

元気に回復したお客様が活躍していて、

それを応援するページを作りたいのだったり。

 

これは数年前に、

わたしにとって足モミとは何なのかをずっと問い続けてきたことと

直結しています。

 

その答えが千年ノートにもこうして現れてくるんだなって

改めて思いました。

 

お客様がここで足モミを受けてくださる理由も様々。

痛いところを治したくていらっしゃる方だって、

痛みが取れたら、これもできるあれもできると、

やりたいことがその先にいっぱいあるから。

 

わたしはそこを応援したくて、

ボディケアに関わっているので、

健康情報だけを辞書のように並べたいだけではないってこと。

 

いざって時に、どう気をつけたら良いのか、

細かいことを語ることもありますが、

基本は自由に楽しく生きる人を応援したい気持ちが強いです。

 

千年ノート、奥が深いです!

 

次回は3月29日に講師に来て頂きますが、

人数があふれてきてしまったので、いったんここで締め切らせて頂きます。

1回目と2回目に参加された方々でシェア会などを経てから、

また3回目も企画することと思います。

楽しみにしていてくださいね☆

 

きっとわたしが一番楽しみ\(^O^)/

丹羽センセ、よろしくお願いしますね。

いつもありがとうございます!