冒険出来る体を作ろう。

やはり、今は節目なのかなぁ。

それも大きな流れの大きな区切り。

 

いろんなお客様とお話していると、

突然びっくりな決意を聞かされて、こちらがビックリしてしまうことがあります。

 

一時期、わたしの周囲では、

離婚や再婚が流行っていた(?)時期がありましたが、

今回は、転職とか、独立とか、

おもに仕事やライフワーク面で大きな変化を遂げている方が本当に多くて。

 

自分の得意とすることが何なのかわかった。とか、

自分に出来ることを、世の中に当てはめて考えてみたら、

こういう仕事も成り立つと思った!とか、

 

これがね、新卒や20代の若い女性達が言うのではなくて、

結婚して、子育てして、一段落して、老後に向かっていく世代のマダム達が、

さぁ第二の人生の始まり始まりーーー♪って、

とっても明るい決意だったりするのです。

 

そんなん聞かされていると、

わたしまで元気出てきて、

まだまだわたしも頑張れる!って思えてきます。

 

新しいことに取り組み始める時は、

周囲の波風は、決して穏やかじゃないこともありますよね。

 

でもそれも、大事な要素なのかなって、今のわたしは思えます。

 

何も問題なくスムーズに進んでいくと、

最初にぱーっと盛り上がって、そこから伸びなくなってしまう。

 

でも、反対意見に出会うと、

ナニクソってパワーが増えるし、

そういう方々にも楽しんで頂けるためには何が足りないんだろ?って考える。

 

開業した頃のわたしは、

会計のことがわからなくて、簿記もわからなかったし、

税理士さんに頼むにしても、

どうやって頼めるところに辿りつくのかわからなかった。

顧問料がいくら必要なのか、相場もわからなかったし。

何もかもわからなかった。

 

そこで、自営業をしている義父のところに

どうしたらいいのか相談に行ったことがあるんです。

 

そこで、何があったかというと、

まったく相手にしてもらえなかった経緯があります。

 

最初っから、わたしには開業など無理という扱いを受けました。

 

義父からは教わることは出来ないと答えが出たので、

その足でまっすぐ税務署に行きました。

 

税務署の方々はとても優しく応対してくれて、

いまお世話になってる税理士の先生も、その時にご紹介して頂いた方です。

 

最初の頃の、ままごとのような数字の頃から、

お客様が途絶えることなく来てくださるようになった今も、

わたしのことを、ちゃんと、事業主として扱ってくださいました。

昔も今も変わらずに。

これがどれほどありがたいことなのか、

今になって、しみじみと思うことがけっこうあります。

 

お客様の第二の人生スタートも、

わたしも心から応援したいと思ってます。

年齢とか経験とか関係なく、

人って、置かれた場所で、それぞれ役割を持っているし、

その都度その都度、成長欲求を持ってると思うんです。

 

心はすぐに安定を求めるし、

ゆったりしたい、平和でありたい、穏やかに過ごしたい、

そんなことばっかりで埋め尽くされてしまいます。

そして、心を満たすものが世の中にはとても多いし、

すぐに埋まるほど、便利な時代ですから、

次の平和を求めなくてはいけない出来事が始まってしまう(引き寄せてしまう)。

 

でも。

 

魂はきっと違う。

もっと冒険したがってるし、

不安があれば、それを前進するエネルギーに変えて、行動にうつると思う。

面倒くさいことあっても、人の役に立つなら喜びに変えることが出来るし、

もっともっともっと成長したがってるのでは、って、最近すごく思います。

 

だから、その不安、消さなくていいし。

不安定でもいい。

人間なんだから。

 

人生を終えた時、

神様に向かって、

「わたしの生き様、いかがでしたか?」って聞いてみたら、

なんて答えが返ってくるのだろう。

 

たとえ今、

どれだけ頑張っても給料が上がるわけでもない、認めてもらえるわけでもない、

そういう立場に置かれているとしても、

一心不乱に頑張ってみる時期があってもいいと思うんです。

その環境で認めてもらえなくても、

自分に実力を蓄えることは出来るもの。

 

f:id:vivayumiko:20180225122705j:plain

 

きょうは、マンツーマンで

お客様へのボディワークレッスンだったんですが、

レッスンしながら、魂の冒険話で盛り上がり過ぎました。

 

だから、ここに絞り込めました。

 

「冒険出来る体を作ろう。」

 

体の回復のためにコツコツ積み重ねてるうちに

一生が終わってしまいました、なんてことのないように、

 

今できることを止めないペースを作り、

今できることから、もう一歩先へ届くようにスピードを少しずつ上げてゆく。

 

そのために必要なボディを作ろう。

 

ボディあってこその第二の人生なので、

ボディづくりのために時間ばかり取られていては勿体ないものね。

 

わたしもまだまだ頑張れるかな。

良い時間をありがとうございました。