セラピールームすずきBlog

愛知県蒲郡市で活動中。小さなサロンオーナーのブログです。心身の調和は人生を豊かにする。

お薬を使ったあとの筋肉の負担。

昨年末、

片方の耳が塞がってしまったまま一ヶ月を過ごした時。

 

(当時の様子の記事は、こちらに投稿しております。)

 

あの頃、自分でも色々調べていたのですが、

耳が塞がったとか、耳が聞こえにくいとか、

そういう状態で、何年も不調のままの人が、

世の中になんと多いことか!と、びっくりしたんです。

 

そして、実際にわたしも、同じ目に遭うところでした。

 

治ってないので、病院で診て頂いたときに、

「治ってますよ」と言われて。

 

え(゚゚;)

 

こちらからしてみたら、

以前と変わらないまま塞がっているのに。

病院では、病原体がなくなってしまえば完治なわけで。

 

あぁ、そうなのか。

何年も不調のまま過ごしている人たちも、

こんなふうな始まりで、何年も経っちゃったんだろうな、、、って、

そのとき思いました。

 

んじゃ、自分で治していくしかないんだなぁと覚悟を決めて、

解決に至るまでの道のりが、さきほどリンクした記事なわけです。

 

自分の中の野生の勘が、

「長引かせるとわからなくなる」という感覚があったので、

治るまで時間をかけようという気持ちは、さらさらありませんでした。

 

だらだら治していっても、きっと治らない。

 

そう。

いつか治るよっていう感覚がまったく感じられなかったんですね、

自分の耳から。

 

これは、後にお薬の残骸処理が大変だとしても、正解だったと思っています。

 

まずは、換気されなくなってしまった片耳を助けるために、

全身が全身を歪ませてまでも、耳にエネルギーを送り続けていたのを

止めなければと思いました。

じゃないと、歪んだ全身のところに二次災害が発生すると感じたからです。

 

結果的に、奥にコリを発見し、

それがほぐれることで耳が回復していきました。

 

また、風邪のウイルスと戦ったことで、内臓さんたちも頑張ったんですね。

背中の筋肉がすっかり固くなってしまっていたので、

それをほぐす必要もありました。

 

こういう経験をするたびに、

お客様の不調が、

疲労のコリなのか、

ウイルスのコリなのか、

施術中に察知してしまうようになったので、

良い意味でそれを捉えて、仕事にもさりげなく生かすようにしています。

 

耳の件では、

わたしは抗生物質を集中して摂取したので、

その残骸が筋肉に残っているのも排出させないとという課題が残っています。

 

先日、製薬会社に関わっていた友人と食事をしながら、

そんな話題にもなってね。

 

わたしの感覚では、一度摂取した抗生物質は、

筋肉で一年くらい残ってる感覚がするのですが、

実際には、違ったようです、7年だそうです。

ってことは、骨レベルまで浸透しているってことですね(*_*)

 

毎年、抗生物質を使っていたら、

永遠に抗生物質ってことになるのでしょうね。

 

それによって助けられているケースもありますから、

必要な時には必要な量をちゃんと摂取したほうがいいんですよね。

けれど、不要に過剰になっている場合は、

カラダはそれを代謝出来ないから、どこかに残る。

心臓に負担をかけないようにどこかで止めてしまう。

筋肉には、そういう不思議なパワーがある。

だけど、何かが居座ってしまった筋肉の部分には、何も通らない。

気も、血も、水も。

そこがどんどん酸欠になってしまい、健全じゃない状態になっていく。

 

・・・・。

 

キリがない。

 

だからこそ、筋肉へ直接アプローチするマッサージは、

とても良いことだなって再認識しました。

 

岩盤浴で、奥から深く汗を出すのもたまにはいいでしょうし、

筋肉に溜まった老廃物をしっかり出せるようなマッサージも、

定期的に自分に与えてあげたいと再認識しました。

 

片方の耳が塞がっていた時、

病院での治療も続けつつ、

施術のプロの方から、個人セッションを受けてみたりもしました。

症状に対してアプローチしてくれたので、

そのときは耳の調子は良かったのですが、カラダは喜んでいなかったのです。

 

一番さっさと良い作用を感じさせてくれたのは、

筋肉に直接アプローチするマッサージのほうでした。

症状は追わないかわりに、気づいたら全体が上がっているという結果でした。

 

わたしがいつもお客様にやっているようなことです。

わたしがわたしのマッサージを受けるためには、

誰かに教えていくしかない。

友人にいくつかを教えていたのでお願いし、

念入りに足をほぐしてもらったりしました。

ぐいぐいと耳に届くのを感じながら、

筋肉ってすごいなぁ・・・って感動しまくり。

 

また、奥にあるコリを溶かすためには、

表面にまず出てきてもらわなければ何も出来ません。

表面化させるために使用したのは、ビセキEXクリームでした。

オイルでは到底届かない、

他のクリームでも届かない、

ものすごく奥にあるコリに対して、

EXクリームだけは確実に届くという不思議な体験は、

味わった人にしかわからないかもしれません。

 

他のクリームと比べたら地味で目立たないけれど、

確実に一番いいと感じる、、、

困った時は、わたしはいつもEXクリームを登場させています。

 

今回の耳に対して、

どんなふうにEXクリームを使っていったのか、興味ある人いるかな。

実際にクリームを手に取りながら、

お伝えする機会を作ろうかなぁと考えているほど。

こればっかりは、文字や映像では伝えられないことだから。

 

あれから2ヶ月過ぎた今、

定期的に発熱する機会が度々あり、

そのたびに残骸処理と思って乗り切っています。

 

こういうお話をすると、

じゃ、薬は出来るだけ飲まないほうがいいねとか、飲みたくないとか、

極端な気持ちを誘発させてしまうことがありますが、

そういうことを伝えたいわけではないことをどうかご理解ください。

 

わたしは必要ならお薬は遠慮なく使いますし、

お客様にもそのように伝えています。

 

だらだら治していたら、それだけカラダへの負担は大きくなってしまいます。

 

ただ、お薬を使ったら、

それによる筋肉への負担を忘れずに、

ちゃんと最後まで後始末することが大切なんだと思ってます(^_^)

 

明日から3月ですね。

風が強いですが、春一番かな?

 

f:id:vivayumiko:20180303101628j:image