セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

春分の日。

母からバースデーカードが届きました。

今年は富士山でした!

 

f:id:vivayumiko:20180322225424j:image

 

わたしが生まれたのは、北海道函館市です。

 

春分といえば。

まだ母も生まれる前のことですが、

わたしの誕生日と同じ日の昭和9年に、

函館では、函館大火という、

市内が全滅する規模の大火事が起きています。

 

小さい頃、函館の歴史を教わるたびに、

そのような事件があったことを聞かされていました。

 

市内全部が火事になるなんて、想像もつきませんが。

 

そして、もうひとつ。

これまたわたしと同じ誕生日ですが、

昭和47年には、山岳史上最大規模の遭難事故が富士山で起きています。

現在の御殿場ルート5合目よりも少し上のほう(当時の2合目)で、

雪代にまきこまれた人達がいらっしゃるそう。

 

雪代というのは、普通の雪崩と違って、

雪だけじゃなく、富士山の地面も一緒に崩れてくるので、

これに巻き込まれたら発見されることは困難で、

そのまま富士山の地面になってしまうと考えたほうが良いそう。

発見されないままの方が5名だったか6名だったかいらっしゃるそうで、

正確な数字は忘れましたが、20人近くの方が亡くなっているそう。

18名だったかな。

このことは、お世話になってる山小屋の御主人から教えて頂きました。

 

よりにもよって、富士山の中でもいちばん多く歩いてるルート上で、

そんな出来事が起きていたなんて・・・?!

 

それからもうひとつ。

もう23年も前のことですが、

わたしの誕生日の前日に地下鉄サリン事件がありました。

この時期のことは今も鮮明に覚えています。

 

というのは、当時、わたしは東京で乗り換えて熱海に向かっていました。

当時、所属していた組織では、

毎年、入社予定の新入社員を歓迎するイベントがありまして、

その年は熱海の温泉で、みんなでパーティをしたり、

バレーボール大会をしたり、温泉に入ったり、

大騒ぎな4日間を過ごす研修(?)があったんです。

 

海外旅行も年に3回はありましたし、

待遇はとても良いのですが、とても厳しい会社でした。

毎年100人くらい入社しても、一年後には6名か7名しか残らなかった。

 

その時に、入社予定だった新卒の子が、

時間になっても来なくてね。

東京で乗り換えて熱海まで到着の予定が、時間になっても来ない。

 

だいぶ時間がたってから、

その子がサリン事件に巻き込まれたことを知りました。

 

通常の生活に戻れなくなってしまったので、

そのまま入社取り消しになってしまいました。

 

今その子はどうしているのだろうって、

毎年この時期に、サリン事件のニュースが流れてくるたびに思い出します。

原則、辞めた社員と連絡を取り合うことは禁じられてましたから、

その子と会ったのは、その時の大変な状況の時だけだったので、

一緒に仕事しないままご縁が離れてしまいました。

 

春分時期って、いろんなことが起きやすいのでしょうかね。

 

ある方から、春分についてアドバイスを頂いた事があります。

大陽が12星座のいちばん最初の牡羊座に戻るため、

春分の日は、宇宙的規模でいうと、元旦のようなものですよ、と。

 

人類の都合で作ったカレンダーの元旦ではなくて、

宇宙規模では春分がひとつの区切りで、新しい始まりになる。

 

だから、春分に起きることは、

その年一年の象徴ですよ、と。

 

春分の日を迎えたら、 好きとか嫌いとかは横に置いておき、

その日一日、自分に起きる出来事や、自分の中に湧き起こった感情を、

よぉーく観察してみてくださいね、と。

 

今後一年間を象徴することが、そこに含まれてることが多いので、

それだけ特別な日なんだそうです。

 

わたしは、このことを教えて頂いてからは、

春分と秋分と夏至と冬至は、特別に扱うようになりました。

 

今年の春分は、あちこちで風が吹き荒れてましたね。

わたしは富士宮で過ごしていましたが、

地上は雨でしたが、富士山は1合目に到着する前からすごい雪でした。

 

とにかく宇宙元旦が明けました。

ユミコサロンにご縁ある皆様の繁栄も祈りました。

 

現在、同時並行で準備していることがたくさんあり、

夏至をひとつの区切りにして、ちょっとばかり集中しています。

良い一年になること間違いなしです。

 

いつもありがとうございます☆