セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

御来光~。

御来光。

このときの写真を、ブログのヘッダー写真に変更してみました。

 

f:id:vivayumiko:20180328151859j:plain

 

この写真は、昨年の富士登山の時にトレーナーが撮ったものです。

午前4時半くらいだったかなぁ。

 

この日は、わたしは寝袋からヌボ~っと顔だけ出して、

カラダを横にしたまま、山小屋の小窓をあけて、

御来光の光をチラ見しただけで、そのまま二度寝。

 

このときは、前日に一気に頂上まで登り、

下山の途中で7合目の山小屋に立ち寄ったのでした。

 

その理由は、あまりにもお天気が良くて、

少しでも多く富士山で過ごしたかったから。

日帰りを変更させて、お泊まりにしたんです。

 

そのかわり、

下山して、朝早くに新幹線に乗って帰宅したら、

すぐに仕事が待っていたため、

少しでも時間があるなら休養にあてておかないと。

 

御来光を拝むのは、ものすごーーーーーく縁起の良いものですが、

体力的な事情を無理させてまで、

縁起良いことを追いかけなくてもいいのです(^-^)

 

もちろん、体力的に大丈夫な時は、思う存分楽しみます。

山の早起きは気持ちいいんです。

 

写真に込められてるパワーを、何度も何度も味わっています。

 

f:id:vivayumiko:20180328152633j:plain

 

だんだんとお日様になってゆきます。

 

地上でも感じることですが、

午前4時の空気と、午前5時の空気って、

波動が全然違うんですよね。

 

神聖さは、断然午前4時のほうです。

 

どうしてなのかはわかりません。

 

4時と5時の間には、次元の境目が存在してるような気すらします。

 

f:id:vivayumiko:20180328152851j:plain

 

この太陽を浴びながら、下山してきたんですが、

須走ルートは、富士山の東側に位置しているルートなので、

朝に出発すると、ずっと太陽とともに歩く感じで、

背中からずっと太陽に見守られて歩いていく感じです。

 

途中から太陽に追い越されますが、

山頂で太陽が待ってくれていて、

それを下から見上げると、

鳥居から光を放ってくれる時間帯とぴったんこになるという、

わたしのお気に入りルートのひとつです。

 

富士宮ルートは、白いガスガスの中を歩くことが多いんですが、

須走ルートは富士山ブルーを味わうことが多いです。

相性がいいのかな。

 

深夜に歩くよりも、昼間に歩くほうが好きな人には、

須走ルートはおすすめのルートです(^-^)