セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

バナナを食べない実験(笑)

秋に予定しているセミナーの打ち合わせもかねて、

いろいろ話し込んでいるうちに、

ふと出てきたバナナの話題。

 

実は、ここ一年くらい、

わたしはバナナを一切食べていない。

 

f:id:vivayumiko:20180429085843j:plain

バナナは大好き。

 

栄養は豊富ですよね。

カリウムの多い食材ですし、

ビタミンB系も含まれているから、

体力が欲しい!という時に、すごくよさげな食材に感じていました。

 

が、

 

食べてみると、

その栄養をあまりカラダで体感出来ないのも事実でした。

 

理論がどんなにすごくても、

カラダに体感出来なければ、

カラダに合わせてみるのがわたしのやり方。

 

あと、振り返ってみた時に、

2011年から始まった花粉症状も、

今年は一切なんともないのですが、

花粉症状が出ていた頃に好んで食べていたものを、

わざと食べないようにしてみようという実験も必要だったから。

 

バナナは、朝食で食べることが多かったんですが、

バナナじゃなきゃいけない理由は何もなかったので、気軽な実験でした。

 

これがヒットだったのかもしれませんが、

花粉時期が来た時に、本当になんともない。

 

カラダは食べたもので出来ています。

好み、好まない、関係なく、

食べたものが血液を作っていて、それが全身を流れています。

 

単純に、症状が出ている時に好んでいたものを外してみるだけの実験。

 

わたしのカラダにはバナナは不要だったのかもしれません・・♪

 

思い返せば、むかしむかし師匠にも言われていたことがありました。

「ゆみちゃん、バナナは難しい食材ですね。」

 

この言葉の意味が、20年以上の時を超えて、

わたしの中にやっと腑に落ちたのでした。

 

エドガーケイシーも、

バナナについては面白いことを言っている記録が残されています。

木になっている状態で熟したもの以外は食べなくてもよいという内容。

 

多くのバナナは熟す前に採られて、

皮が汚れないように大量の薬剤を使って飛行機で運ばれてきて、

スーパーで並ぶ頃も、塾すどころか、まだまだ固い状態ですよね。

 

木になってる状態で熟したバナナは、

現地で食べる以外は方法はなさそう。

 

好みでいったら、バナナは好きなもののひとつでしたが、

食べなきゃ食べないで、なんとかなるものです。

 

他にも実験していることがあります。

結果が出たら、ぼちぼちお伝えしてゆきますね(^o^)

 

昨日からGWですね・・・♪

あちこちお出かけの方も増えることと思います。

みなさま移動の時は安全運転で楽しんでくださいね。