季節の変わり目のせいにするの、やめましょ。

パワフルな満月でした。

いろんなこと区切りがついて、

決めた方向に向かうのみ!という感じがしますね。

 

今年の春は、物理的な影響においても、

例年と違うと感じています。

今までの四季感覚をどれだけ捨てれるかがキーかもしれません。

 

今の四季は、毎日が季節の変わり目。

365日ずっとこれが続くことを受け入れる。

 

f:id:vivayumiko:20180501151156j:image

 

新緑の時期、

マイナスイオンたっぷりの山の中を歩いても

驚くほど乾燥します。

 

湿度が低いのか?といったら

そうでもない。

だけど、カラダの内側の水分が外に出て行く作用が強くなってるから、

まるでコンクリートの建物の中で過ごしてる時の皮膚みたい。

 

空気が、

風が、

熱と水分を必要としてるみたい。

 

お客様のボディの施術をしてても感じますが、

ひと昔前は、体内の余分な水分を抜いて、

新しい水分を入れなおしましょうってことで

クレイパウダーを施術に使用していたこともありましたが、

今年はクレイをひとつも使っていないのです。

 

どちらかというと水分補給、

いえ、水分維持がすごく大事で、

 

補給してもただ出て行くだけなら

余計に内蔵に負担がかかってしまいますので、

 

摂取した水分を体内で維持できるような水分補給を

心がけるよう伝えています。

 

水分維持は、水やお茶では得られない。

 

野菜の煮汁が一番ですが、

(自分に合う野菜のね)

ご飯を炊く時も、

お粥のようにしてよく噛んで食べる方が

ずっと良いでしょうね。

 

その水分を、全身循環できるよう、

よく噛んで食べること、

(一口30回を目安にね)

それから手足のマッサージもね。

 

心臓が頑張らなくてもいいように

勝手に足裏から血液が戻ってくるのが理想です。

 

f:id:vivayumiko:20180501151511j:image

 

カラダにしっかりと水分維持できていると

汗を出しやすくなりますし、

寒い時に暖房をいれたときも

熱を取り込みやすくなります。

 

ホッカイロ使っても温まらない時は、

カラダの内も外も、かさかさなんですよ。

 

水分は足りてない時も

多すぎて過剰になっている時も、

カラダはむくんでしまいます。

 

自分の適量が一番なのですが、

今までの適量と今の適量は、違うんです。

 

何もかもが例年とは違うということを、

このことに気づいてるかどうかって

体調管理していく上ですごく大きいです。

 

変化し続けていく中での安定ラインは

自分で見つけるしかない部分。

お客様から気づきのメールを頂くたびに、

わたしとの関わりや、セッションやトークの中で、

日常でもヒントにしてくれてて、

とても嬉しく思ってます(^o^)

 

f:id:vivayumiko:20180501152146j:image

 

写真は、富士山の西臼塚です♪