富士山の二ツ塚(双子山)に行ってきました。

富士山は広い!

 

御殿場5合目からスタートして、

黙々と歩いて、このときの行き先は・・・♪

 

f:id:vivayumiko:20180511184147j:plain

 

こちらです。

 

f:id:vivayumiko:20180511184220j:plain

 

富士山の二ツ塚(双子山)です。

 

写真で見ると、ずいぶん低く見えるんですけど、

標高1800くらい前後だったと思います。

 

f:id:vivayumiko:20180511184512j:plain

 

双子のように、二つ並んでいるんです。

 

何もない平面を歩いてるような写真に見えますが、

実際には、一歩進むと一歩落ちるという砂の道。

 

それでも、まだこの時期は寒いので、砂も固い。

暖かい季節に来るよりも、ずり落ちないで済みました。

 

崩れないように、そっとそっと足を運びました。

 

一歩一歩がとてもスローになるのと、風が冷たいので、

カラダがあっという間に冷えてしまいます。

けれど、風が止まって太陽が出てくると、ジリジリに暑くなる。

 

f:id:vivayumiko:20180511185038j:plain

 

双子山のてっぺんに着くと、

背景には、宝永山と富士山が大きく迎えてくれます!

 

距離数も短く、

標高差も少ないのですが、

歩きにくさMAXのためか、

ここに到着すると、なんともいえない達成感に包まれます。

 

歩きにくいところを歩いていると、

思い通りにいかないこともまぁいいかって気持ちが育ってきます(笑)

 

ここに来てしまったら登るしかないし、

登ってしまったら降りるしかないので、

つべこべ言わずに歩きましょうしかない(^^)

 

f:id:vivayumiko:20180511185928j:plain

 

あんなに苦労して歩いたのに、

砂走りで降りると下山は一瞬です。。。。一瞬っ!!!

 

登山口では、桜が可愛く咲いていました。

 

f:id:vivayumiko:20180511190641j:plain

 

頂上を目指す登山をしなくても、

歩ける場所が沢山あるのも富士山の魅力だと思ってます。

 

2年半ぶりの双子山、とても楽しかったです。

ありがとうございました!