セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

食べたいと思っていたけど、食べたいわけじゃなかったお話。

昨日の朝の、わたしの脳内状態を、

モレスキンの中に表したら、こうなりました。

 

↓  ↓  ↓

 

f:id:vivayumiko:20180526131144j:image

 

ここまで鉄板ナポリタンを並べてみると、

なんなの、この達成感は!!!!!という気持ちだけが残りました。

 

びっくりするほど、静かな達成感に包まれまして、

鉄板ナポリタン食べたいなぁという気持ちは、

世界の彼方に飛んでしまったんですよ。

 

おかげさまで、いつもの脳内バランスに戻りました。

 

食べたいと思ったら、我慢しないこと。

我慢しないで、好きなだけ、食べ、いえ、貼ってみましょう!

 

あ~

自分は今、こういうのを食べたいんだねぇって、

客観的に見つめて、自分を認めてあげること。

 

すると、そうなんです、食べたいんですよ、

わかって頂けました?って、食欲さんも喜んでくれるのです。

 

そして、そのまま、食欲さんも落ち着いてしまったのです。

 

と同時に、

本当に食べたいわけじゃなかったんだなってことにも気付きます。

 

カラダ的に欲しいわけじゃないのに、

脳ミソ的に欲しいだけのことって、時々あります。

 

これ、何かの端末を通して、画像を見てるだけなら、

こんなふうにはならなくてね。

鉄板ナポリタンを食べたいなぁという食欲に対して、

「そうなんだね、食べたいんだね」って肯定してあげる気持ちを、

切り貼りする行動を通して認めてみるんです。

 

この手間暇のおかげで、

食欲が達成感に変化したのかもしれません(^^)

 

変化と同時に、

このナポリタンを欲しがっていたのは、

カラダではなかったという実感も伴って。

 

これ、食べ物だけに限らないことですが、

本当は望んでいないことなのに、自分では望んでいるものだと思って、

そこにエネルギーを注いでいるケースって時々あります。

でも、本当の望みを引き出すためには、

そういう表面的な望みにエネルギー使ってる場合じゃないんですよね。

 

食欲も同じように。

本当にカラダが喜ぶものって、美味しいものとは限りません。

 

それから・・・

 

これは千年ノートとは関係ないことですが、

やはり、急に、鉄板ナポリタン食べたいとか、

いつもと違う食欲の時って、地震とシンクロしてますね。

 

鉄板ナポリタンにはケチャップが使われています。

ケチャップは大好きですが、香辛料が相当使われていますので、

ふだんのわたしは、調理に利用しないものなのです。

たまにこういうの食べたくなる時は、

やっぱり何らかの影響受けてるのかなぁって。

 

案の定、夜8時頃から、

地震の気配をずっと感じていたのですが、

昨夜遅くに長野北部で震度5がありましたね。

 

今の時代、震度4も5も珍しくないですが、

あまり気持ちいいものではありません。

 

最近、いい意味で、だいぶ鈍感になっていたはずなのに、

また敏感になってきてるので、

時々激しい運動もたまに入れていこうかな。可能な範囲でね。

激しくカラダを動かし、筋肉に負荷をかけていくと、

こういう敏感さから離れることが出来るのです(^^)

 

もちろん、鍛えた後は、ほぐすの鉄則ね・・・♪