セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

大好きな山小屋「わらじ館」にて。

こちらの写真は、

先日の御殿場ルート7.4合目の「わらじ館」。

 

モレスキンノートに、

大好きな「わらじ館」のページを作りました。

 

(画像はピンボケ加工しております。)

 

f:id:vivayumiko:20180719134724j:plain

 

一年ぶりにスタッフの皆さんとお会い出来て、

とっても嬉しかったし、

こうして無事に元気に再会できることがどれほどありがたいことかと。

 

連日、岡山の被災情報を耳にしながら過ごしていたし、

いつ何が起きてもおかしくない時代に、

普通に元気に会える、

それだけで本当にすごいことだと思ってます。

 

トレーナーとともに、この日はお土産に

「プラム」と「ブルーベリー」を、下からせっせと運びました。

山小屋でお手伝いした時、

フレッシュを食べる機会がほとんどなかったことを思い出し、

高度の高いところでは呼吸してるだけでカラダから水分が抜けていくから、

少しでもみずみずしいものをと思って・・・

頑張りました(^_^)v

 

わたしがおじゃました日は、だいぶお天気も安定していたのですが、

雨災害があった数日間は、富士山もすごいことになっていたそう。

 

独立峰だから、遮るものはなにもない山だから、

雨とか風とか、きっと地上では想像できない規模なんでしょうね。

とにかく、無事で本当に良かったです。

 

登山道も、崩れの整備が続いていました。

 

ここ数年、落石が増えているせいか、

富士山にヘルメット持参して登山する人も増えてきました。

わたしもいざって時のためにヘルメットを持っているんですけど、

ザックに取り付けておこうかなぁ。。。と思いつつ、やってない。

使うことはないことを祈りながら持参するって難しいです。

使う機会を創りだしてしまいそうで。

 

f:id:vivayumiko:20180719140212j:plain

 

山頂に行く時は、わらじ館にザックを置いて、

わらじ館のアタックザックを借りました。

 

必要なものだけ持って(雨具とか飲み物とか)

軽い荷物で歩けるの、すごーーーーーく助かりました!!!

 

わらじ館って大きくロゴが入っているから、

誰かに何か聞かれたら、わらじ館を盛大に宣伝したいと思って、

広報ゆみこ、やる気まんまんだったんですけど、

 

山頂に向かう道は、

8合目超えると、平らなところは一つもないので、、

ひたすら急登の2時間を歩くことになるので、

宣伝どころでもなければ、声かけられるどころでもなかったです。

 

ただ、前日に会った人と無事に山頂で再会すると、

名前も知らない、肩書きも知らない人であっても、

同じ体験を同じ日に共有したということで、

心が近く感じますね。

言葉を多く交わさなくても、

お互いの登頂を喜び合う気持ちが伝わってくるんです。

 

f:id:vivayumiko:20180719141105j:plain

こちらの写真は、いつも愛用しているナルゲンボトル。

お白湯を頂いて、中身は持参した漢方薬を入れて、色を出しているところで、

それをしながら、足裏にくっつけまして、湯たんぽがわりです。

漢方薬は途中で出しましたが、

ナルゲンボトルにお湯が入ったら、

このまま寝袋に入れると、ものすごく暖かいんです。

 

使い方は色々あって、

登山用のヘッドライトの上にナルゲンボトルを置くと、

ランタン(灯り)にもなります♪

 

細かいコーンフレークを持ち歩いて、

食べる時にミルクを入れてもいいですし、

口が広いから、湧き水を汲むのもスムーズです。

 

トレーナーは、寒天ゼリーを入れていました。

 

f:id:vivayumiko:20180719141557j:plain

 

登山中の水分補給、

いつもこれだけは課題が残ってて、

水だけでは利尿作用で体内の水分が出て行くだけ。。。

 

かといって、スポーツドリンクは途中で飲みたくなくなる。

砂糖の塊ですから、スポドリばかりになると、

腸が硬くなっていくのわかるし。

標高の高い場所では、体内の水がとにかく抜けてしまうので、

スポドリに助けられることもあるんですが、

だからといって一泊二日でも500mlも要らない。

 

最近は、水溶性マグネシウムを持参してるので、

スポドリは飲まなくなりました。

 

そこで、寒天ゼリーや果物を持っていこうということになり、

ナルゲンボトル大活躍だったのですが、

これが大正解でした。

 

体内で、しっかりと、水分として働いてくれてました。

 

f:id:vivayumiko:20180719142035j:plain

 

わらじ館から見た、午後3時過ぎの富士山の太陽です(^_^)

 

ではまた続く。