セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

お盆

お盆といえば。

今もわたしの中で色褪せることのない事件があります。

 

JAL123便の墜落事故のこと。

520名の犠牲者が御巣鷹山に。

 

当時、わたしは中学生でした。

テレビのニュースを見ながら、

生存はほぼ絶望的であること、その中で、

4人の女性が助かったこと、

歌手の坂本九ちゃんはここで亡くなっていたこと、

 

その夜から数日の間は

ずっとこのニュースを見続けていました。

 

飛行機事故なんて滅多にないから

当時の自分には衝撃が大きすぎて、

しばらく自分に戻ることができなかったのを今も覚えています。

 

それから数年して。

10年くらい経った頃でしょうか。

 

この墜落事故に関して8年かけて取材し、

真実を語ろうとする本が出版されました。

 

タイトルは「疑惑」

 

同じ社内の男子くんに

ゆみこさん、これ是非読んでみて!と

無理やり渡されたのがこの本との出会いでしたが、

読まなきゃよかったと思うくらい、

惨たらしい中身でした。

 

この事件は政治がらみなのか、と。

 

パイロットは優秀だったと思います。

できるだけ怪我のないように着陸(墜落)し、

もっと早くに助けに出てれば、

100名以上は助かっていたかもしれない可能性。

 

当時のニュースでは

墜落場所が特定出来ないと、

捜査に時間がかかってると報道されていたことは

わたしも覚えています。

 

ところが現場は、

地元の人なら地図がなくても行ける場所であったこと。

 

なかなか救助に向かわせなかった理由も書かれており、

その間、生存者がたくさんいた現場で

何が行われていたのか、

証拠隠滅のために何が行われていたのか、

驚くほど恐ろしい内容が書かれてありました。

 

この事故には大きな力が働いてる。

 

当時、救助された、

川上けいこさんという女性(当時小学生)は

搬送された病院で両親が亡くなったことを知らされた、

という報道もわたしは覚えています。

 

が、取材の中では、

墜落直後は父や妹たちと会話していたこと、

会話途中でゴボゴボ聴こえてきて、

その後、動かなくなったことなどが書かれてあり、

相違点が沢山あり。

 

この件に関して何か掴むと、

そこが火事になるとか

事故が起きるとか

消されそうになっても不思議じゃないのに、

 

8年もかけて

よくここまで取材してくれたなぁ!って

この本の出版をとてもありがたかったのに、

なんと、あっという間に、

この本は販売が終わってしまいました。

 

それから更に数年過ぎて。

仕事の関係で東京に行ってた時のこと。

 

そこで知り合った方が

わたしと同じ年齢で

たまたまJAL123便の事故のお話になってね。

 

まさにそれ、乗ろうとしたことがあったのだそう。

ところが不思議なことがあり

乗ろうとした時に

「乗るな」という声が聴こえてきたのだそう。

 

当時は中学生で

親と一緒だったそうですし

乗る飛行機を決めるのは親だったそうですが

偶然にも親の都合でチケット変更しなきゃいけなくなり、

違う飛行機に乗ったそうなのです。

 

その機内の中で、ニュースで、

もしかしたら自分が乗る予定だった飛行機が

消息不明になったことを知ったそうです。

 

そんな不思議なこともあるんだね。。。と、

その方と会話したことがあったんです。

 

その後まもなくして、

お客様として来てくださった方で

この事件と深く関わってる方と出会いました。

 

「あの事故はミサイルだから、、、」

 

と、一言つぶやいたきり、

そのまま押し黙ってしまわれたので

わたしもそれ以上聴くことはやめたのです。

 

そんな感じで、

わたしには度々この事件が蘇る出会いがあり、

色褪せないまま33年過ぎました。

 

疑惑というタイトルの本も忘れられない本でした。

 

で、何気なくAmazonで検索してみますと、

なんと、ありました!

33回忌という節目もあって

2017年に再び出たそうです。

 

買おうかな?と思ったら、

もう新品はないのですね。

 

買うなら新品で、

著者にお金が届くように買いたいのに。

残念。知らなかった。

 

この事件は、ただの飛行機事故じゃないので、

ご遺族の方も納得してないと思います。

真実を語られても亡くなった方が戻るわけじゃないけど

日本の闇を感じる事件です。

 

なんともいえない、

何もできない気持ちしか残りませんが、

うやむやにするべきではないことだとも思ってます。

 

読んでみてください。

 

f:id:vivayumiko:20180813092518j:image