セラピールームすずきBlog

愛知県蒲郡市で活動中。小さなサロンオーナーのブログです。心身の調和は人生を豊かにする。

ボルダリング~。

この写真は、今年の4月に行ってきた富士山の一合目、

西臼塚からの写真です。

 

ここから見る富士山も好きですが、

ここの遊歩道を抜けたあとの登山道も大好きです。

 

真ん中の赤いザックのコロポックルはわたしです。

(自分でコロポックル言うな。)

 

f:id:vivayumiko:20180918113732j:image

 

そしてこちらは、シャスタ山。

富士山と似ているなーって、いつも思ってます。

友人からガイドブックを頂いて、いつも眺めています。

 

f:id:vivayumiko:20180918113751j:image

 

富士山とは無縁の頃から、

シャスタ山にはとても興味がありました。

 

シャスタ山の麓で、スピリチュアルなツアーなども多いみたいですが、

わたしは登山のほうが興味あり。

ヤマレコさんでシャスタ登山をされた方の記録なども読んでみたり。

 

誰か様も仰ってましたが、

シャスタの登山道も富士山にとてもよく似ているとのこと、

 

そんなこと聞いたら、なんだか嬉しくなっちゃって。

 

シャスタの写真は部屋の中にも飾っています。

いつか歩いてみたいな~という、

優先順位の下程度の気持ちですけど、

写真だけでも近くに。

 

シャスタの写真を飾り始めたのは、6年前なんですけどね。

 

ただ、そのおかげなのかどうかはわかりませんが、

その後は、富士山に通うことになってしまったわけで。

 

シャスタは標高4000超えるから、

いつでも雪があるでしょうし、

標高の高いところで、雪のあるところなんて、

ひとりでは行けないしなぁと思っていたら、

今年は12月の富士山で雪上訓練をしてくださるガイドさんとのご縁も頂いて。

 

f:id:vivayumiko:20180918125028j:image

 

そういえば

昨年は近所にクライミングジムまでオープンしたので、

一体何なの、この流れ。

 

思い出したかのように、

さっそくボルダリング初体験してきました。

 

みんな簡単そうにすいすいと動いているけど、

見た目だけではわからないものです。

 

みんなのびのびと、壁と一体化した美しいアートのように動くけれど、

これも見た目だけではわからないものです。

 

わたしもトライしてみました。

 

・・・自分のカラダを自由自在に使えないことのストレス!

 

体重、重い。

手足、短い。

 

いや、それ以前に・・・

 

目の前には壁があるから、

手を動かすにも、足を動かすにも、前には出せません。

足は横から出して、上に持ち上げていくので、

股関節は柔らかいほうがいいと思った。

横に出せても、腹筋がないと上に持ち上げることが出来ないので

腹筋もあるほうがいいと思った。

 

足首や股関節の柔軟性、超~~~大事!!

それと筋力!!

 

スタート地点の手足のポジションはコースごとに決められてるので、

自由に好きなとこに足をひっかけていいわけじゃないんですよね。

 

少しだけ難易度が上がると、

大幅にきつくなる(笑)

 

筋肉も、頭脳も、集中力を使うし、

一瞬に出すパワーが半端なかった。

中途半端だとうまくいかない。

 

それでも、1時間くらいトレーニングを続けているうちに、

だんだんと体の動きが変化してきました。

 

出来なかった動きが出来るようになると、

とっても嬉しくて、

次に進みたくなりますね。

 

せっかくなので、筋力トレーニングのためにも、

ボルダリングは少し続けていこうと思っています。

夜遅くまでやってくれてるので、通いやすいです。

 

翌日は、あり得ないほどの筋肉痛がありました。

ほぐれしあクリームを大量にパックし、

痛みが和らいできた頃から、適度に自分で施術しまして、

筋肉痛を長引かせないで済みました。

 

更年期突入のお客様とも時々話題になりますが、

40代後半になったら、筋肉は黙っていたら退化していくだけなので、

いつもよりも少しだけ多く体を使うとか、

いつもより少しだけ多くタンパク質を摂取するとかも、

とても大切なことです。

 

また、筋肉内の疲労物質をそのままにしておくと逆効果なので、

鍛えることと、

ほぐすことも、

同じくらいに大切。

 

いつもよりほんの少し多く動くだけでいい。

 

わたしは、お湯を沸かしてる間、

キッチンのシンク台に片足をのせてストレッチしてることがあります。

 

また、床ふきの時は、スクワットの姿勢を取ります。

 

椅子を使わないと取り出せないような高いところに、

わざわざ収納することもあります。

行程を増やすことで、使う筋肉も増やしているだけ。

 

わざわざ時間を確保してトレーニングするとなると続かないから、

日常の中でも動きを増やせる工夫をしています。

 

眠る前に、毎日、自分の足も確認しています。

 

継続は力なり☆